« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ゴスペラーズ 『Love Notes Ⅱ』

ゴスペラーズ 『Love Notes Ⅱ』

これからのシーズンにオススメな1枚 ・・・ということで。

Lovenotes2

おそらく、今年、初めて見たX’masツリー
ゴスペラーズのシーズン到来 ・・・ですかね

メンバーのサインが飾られてるけど 
酒井さん(左側)と 黒ポン(この画面には写ってない)しか
分かんない。 うーん、力不足

ホントは店頭ポップも一緒に撮りたかったけど 画面のもっと左側にあって
このツリーの後ろには平井堅氏

うーん、もっとなんとか・・・ねぇタワレコさん。
・・・
ていうか、写真撮っちゃいけないんだっけ

 
2001年にリリースした『Love Notes』の 第2弾アルバム

続きを読む "ゴスペラーズ 『Love Notes Ⅱ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『野獣王国』 ライブ

10月22日(木)@BillboardLiveOsaka ライブレポ

Photo

G 是方博邦氏 
B 鳴瀬喜博氏
Key 難波弘之氏
Dr 小森啓資氏   の4人からなる フュ-ジョンバンド

実は、Billboard Liveから 招待状が送られてきたもの

「古武道」ライブのときに記入した アンケートによるものらしい
そんなこと、すっかり忘れてた

『野獣王国』という名には、申し訳ないことに ‘?’だったけど
メンバーの名前を見て、

おっ、こりゃ面白いかも! と出掛けることに

 
何しろフュージョン界のベテランたちの出演とあって
男性中心、年齢層高め という、私には新鮮なムード
かつてバンドをやってた 音楽好き達が集まった って雰囲気 

続きを読む "『野獣王国』 ライブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西幸一50歳記念 ライブレポ〈アンコール〉

川西幸一50歳記念 チョットオンチー 栄光の50年
10月19日(月)・20日(火) @大阪城ホール ライブレポ

我ながら こんな長編ライブレポになるとは 驚きです。

そもそも、このブログ始めたキッカケが
この「50歳記念」のブログパーツ

なので、記憶をたどる心が動いていくまま、ではありますが、
心おきなく 完結させたいと思います。

いよいよ、感動のフィナーレへ。。。
 
私の ある意味 思い出作りの長編レポに お付き合いくださった方々
本当にありがとうございます。

続きを読む "川西幸一50歳記念 ライブレポ〈アンコール〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その3〉

川西幸一50歳記念 チョットオンチー 栄光の50年
10月19日(月)・20日(火) @大阪城ホール ライブレポ

記憶をたどりながら 文字を打っていくうち
次々と いろんなシーンが頭にうかんできて
いつのまにかこのライブレポ えらくたいへんな長さになってる

覚えてること、残しておきたいから。

いや、思い起こすことで、もう1回
ライブをリプレイしてる感じかな

次はユニコーン登場の場面から。。。

続きを読む "川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その3〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その2〉

川西幸一50歳記念 チョットオンチー 栄光の50年
10月19日(月)・20日(火) @大阪城ホール ライブレポ

50祭りを終えて、50歳の2日目の昨日
(日付変わって、もうおととい)
BLACK BORDERS 野田くんのブログによると、
大阪はFM802でキャンペーンだったそう
働くね~

ライブ中のMCのどこかで、
「終わりに近づいていくから、曲 始めたくない。
始まったら終わるから。」 とも
「今日で終わるわけじゃないから」とも言ってた川西っさん

特別な一日は終わってしまったけど、
すごく当然に また前に進んでいる

では、ライブの記憶を。。。

続きを読む "川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その2〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その1〉

川西幸一50歳記念 チョットオンチー 栄光の50年
10月19日(月)・20日(火) @大阪城ホール ライブレポ

091020

まだ、熱に浮かされてる感じ。
忘れたくない場面の数々を
なんとか記憶が鮮明なうちに書き留めなきゃ!

1日目のシートは 上手サイドの後ろの方
なので、ステージ全体がゆったり見渡せるポジション

最終日は 上手サイドのステージにとても近い 
(相棒よ、本当にありがと~!)
ステージの真ん中に‘でべそ’と呼ばれる
張り出し舞台があって
その張り出し舞台を ほぼ真横から眺める位置
そして両サイドにはスタンド席から手が届きそうな距離感で
ミニステージがあり
斜め45度のあたりを 肉眼でバッチリなシート

会場の照明が落とされ、
「半世紀少年」の重厚なシンセのイントロが流れ
張り出し舞台から勢いよくスモークが噴出し 主役登場!

 

続きを読む "川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その1〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西幸一50歳記念 FINAL!

川西幸一50歳記念 チョットオンチー 栄光の50年

とっても楽しかったし 嬉しかったし 
「おめでとう!」と それ以上の「ありがとう!」 な時間

連れのコと、川西っさんお誕生日祝いの二次会(=飲み)をして
エエ感じの酔いっぷりで帰宅
記憶力も作文力もあやしいけど、
ともかく、今の気分を残したくって
思うがまま Keybordをたたいてみる

何が今 アタマの中に写ってるかって
やっぱり川西っさんの笑顔
カメラ目線だったり、演奏中だったり、MCの中とか、
ステージ上のあちこちでの。

それと 一番最後の 深々と下げた頭を上げたときの
赤く潤んだ目と、涙だか汗だかでびしょぬれの 照れた表情

それから ステージに立つ人達の
音楽と人を 愛し 楽しむ心意気

こんな素敵な50歳のシーンって
感動 っていうんじゃなくって、
その場面、場面に出会えていることに
ただひたすら嬉しいだけ

Don’t think,Feel!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川西幸一 50歳記念

川西幸一50歳記念 チョットオンチー 栄光の50年
10月19日(月) @大阪城ホール

いやぁ~ ホンマに楽しかったぁ~

気ぃゆるむと 顔ニヤけてるにちがいない 今の私

最初は ラストのお誕生日当日だけ行けたらいいな・・・
って思ってたんです
で、わりと早い時期の先行で
チケット運のいい相棒が
最終日のを入手してくれていたんです

でも、せっかく大阪で2日もあるのに、
チケットがまだ手に入りそうなのに
行かないなんて、もったいない
時間が許すなら、いや、無理に時間作ってでも行かなくては!  

・・・という訳で。

 

いやもう、まさに お祭り

楽しい仕掛けが盛りだくさんなステージに 幸せがいっぱい

この日は RIP SLYMEがゲスト
私にとっては初体験のHIP HOPのライブだったけど
これまた 想像を超える盛り上がりっぷり

あれも、これも、いろんなシーンで 頭ン中も大騒ぎ
まだまだ興奮が収まらないので 続きはまた

・・・って言うか、明日も続くのだ!!

 Kk

帰宅して、

録画しておいた

HEY!HEY!HEY!見て

 

さらにHappy!

  

今夜は

眠れないかも

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLACK BORDERS ミニトークショー

BLACK BORDEAS ミニトークショー
10月18日(日) @TOWER RECORDS 梅田大阪マルビル店

「GREAT ADVENTURE」発売記念のインストア・イベント

Bb_2

「‘イベントスペース’で開催」 と案内にあったけど、
そんな場所 あったっけ?

そんなこと思いながら、3時スタートの20分ほど前に到着すると
通常のJ-POP側入口をイベント専用にして
一時的に閉鎖してあり すでに行列
番号順に誘導されてみると 
J-POP売場スペースをイベント用に仕立て
1段高いミニステージと
そこにマイクとスツール2人分が用意されている

予定の時間になり、川西っさん&野田くん 登場
 

続きを読む "BLACK BORDERS ミニトークショー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BLACK BORDERS ライブレポ

BLACK BORDERS 灼熱のアバンチュールツアー
10月16日(金)  @心斎橋DROP

091016

De+LAXとのタイバン

ライブハウスって、やっぱ いい! 文句なしに楽しい!
大音響に包まれる感じとか、
ステージとオーディエンスが一体になってくとことか
終わった後の会場で お酒飲みながら
うだうだと余韻を過ごすのも
帰り道で まだグワーンと耳鳴りがしたままなのも
たまらなく好き

De+LAXのステージでは センター奥にDr
上手サイドにB 下手サイドにG 
で ど真ん中で Vo.宙也氏が激しいRockを歌い叫ぶ

会場の温度は急上昇で、すぐに汗だくに
 

熱々になったところで、しばしブレイク 一旦幕が引かれる

次に姿を見せたステージは
BLACK BORDERS シフトにセッティングされた
上手にドラムセットと 下手にマイクスタンドとG

こんなにステージの前いっぱいにセッティングされたドラムは
なかなかないよね
最前列にいるお客さんから 手が届くのでは?という距離感

そして登場した ふたり 

続きを読む "BLACK BORDERS ライブレポ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳内BGM

先日のトータス松本のライブに一緒に行った連れの子から
貸していたCD『FIRST』が帰ってきた

昨日の夜も聴いていて、ライブを思い出して
寝付けなかったそうな

どうやら、すっかりハマったご様子。「CD買う!」と宣言

特に「明星」がお気に入りで
なのに今朝、職場にやって来るなり、
「歌詞の言葉は浮かぶのに、メロディーが・・・?」 
と落ち着かない

で、サビんとこを小さな声で歌ってあげたら
頭ン中によみがえってきたらしく
私の目の前の席で、脳内BGMのリズムに
ほんの少しだけ身体を揺らしながら
ゴキゲンな表情で仕事に励んでいるのでした。

なにより、なにより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニ☆カラ

カラオケでユニコーンの曲ばかり歌う、という会
合意のもと、行われるわけで
心おきなく好きな曲ばかりを歌えるし聴ける。

選曲やら順番やら、そういう気遣いもご無用ということで。
  

カラオケって、当然 知っている曲を選んで歌うのだけど
時々、歌詞の文字が流れる画面を見ながら
歌っている(聴いている)真っ最中に

「コレってこんな歌詞だったのか!」

と、言葉選びの巧みさや 隠し味のような遊びを
思いがけず発見することがあって なんとなく得した気分

あまり 歌詞カードを見ながら聴く、ということを
しないからかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLACK BORDERS 『GREAT ADVENTURE』

またしても 買うてもーたやん

Bb

だって、トークショーやもん
入場FREE!!やもん
プレゼントまであるねんもん

ええ、見事に釣られました

 
この夏の終わりごろの、大阪と京都のライブ行って
一緒に盛り上がって はじけて、楽しい、楽しい

そんなに規模の大きくはないライブハウスで
だからこその一体感 音と振動と温度と
全部を身体で感じる気持ちよさ

Dr と G の ふたりぼっちなのに、この迫力ときたら!

 
ですが、ライブだからこその音なんだろう と思ってました。
ゴメンナサイっ

CDでも やっぱりDrとGのふたりぼっちなのに
CDでも 聴き応え十分ではないですかっ!
(ホントに失礼しました)

 
てな訳で、また今週 ライブ行きます

もちろん トークショーも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネイルアート №1

初ジェルネイル 去年の夏ごろ。だけどなぜか春らしい

080816_184401080730_002101 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トータス松本 ライブレポ

20091010

トータス松本「FIRST TOUR2009」@大阪国際会議場

下手サイドよりの 前方ブロックの一番後ろ
表情も肉眼で分かるのが嬉しい

続きを読む "トータス松本 ライブレポ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トータス松本 FIRST TOUR2009

10月9日(金) @大阪国際会議場メインホール

トータス松本 ソロアルバム「FIRST」を引っさげてのツアー
この日のステージは追加公演
「追加」が このツアー中 一番大きなホールだったこと
そして座席がぎっしり埋まっていることに
ご本人も本当に嬉しい様子で
彼らしい とっても素敵な笑顔
そういう素直な姿がたまらなく魅力的

 
ツアー2本目の 大阪厚生年金会館でのライブも観ていたので
今回はじっくり味わえた気がする。
私としては少し余裕がある感じ? 

普段なら テンション上がって楽しんで、
終演後の脳ミソには楽しかった!ってことしか
記録されてない状態だから。

 
ツアーを共にするバンド
「トータス松本と彼のジュークボックス」は
Dr、B、G×2、Key×2、そしてトータス本人
トータス氏自身も曲によりギターを持つので
サウンドがとても豊か

ソロになっても 率いるバンドへの愛着というか
こだわりが強く出ていて
ライブの数を重ねてバンドの色合いが
はっきりと濃くなってきたよう

 
なによりも
ツアー2本目では、ウルフルズを止めたことの想いから
離れられなかったけど
ライブを経て 歌うこと、伝えること、届けることに決めたよ って
彼のスレンダーな身体が発するもの全てで
そう言ってる気がした

Tortoise_4

楽しみにして待つ っていうのも素敵な時間なのかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルフルズ ファンクラブ継続特典DVD

会報誌とともに届けられた、ウルフルクラブ「継続特典DVD」

継続手続きの時期でもないし、
彼らが止まってしまった今、そのつもりもなかったのだけど
ファンクラブが、在籍する会員みんなに
配布することにしたそうな

Ulfulclub

休止の発表をする前に、
すでに通常継続した人達に届けられていたものなので
今年のアタマにあったファンクラブツアーのライブ映像や
当たり前に4人並んで、いつものように
コメントする姿などが映されている

 
これまでの活動の締めくくりとなった 「ヤッサ09FINAL」を
この時間が終わって欲しくないと願いながら思う存分楽しんで
自分なりに納得というか、
気持ちの落としどころをみつけたつもりだったので
このDVDは、また複雑な想いを呼び起こしてしまった

 
今年
ユニコーンは 解散して16年
何の気配も見せなかったのが再始動し
ウルフルズは 結成して21年
メンバーが抜けて戻ってと色々あっても続けて
第一線で活躍していたのが活動休止

 
再結成 でなく 再始動 した ユニコーン
解散 でなく 活動休止 した ウルフルズ

 
並べて比べてみても 仕方ないのだけれど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニコーン 「半世紀少年」

なんともいい感じにチカラの抜けた作品
川西っさんが「蘇える勤労」ツアーで味をしめてしまったラップ
本気で真面目に遊んでるのが とってもユニコーンらしい

ジャケ写も、カップリングも、DVDも!

 
カップリングと言うより「B面」な感じの「川西五〇数え唄」や
(↑物心付いた頃からのCD世代には伝わらない?)
なんの仕掛けもしないままのDVD
「こーいちい散歩」での‘素’な御姿が
またなんとも言えぬ脱力感。 顔がゆるみます

 
けどDVDはズルいよね、欲しくって買っちゃったもん
セールス向上作戦にまんまとはまる訳です

セールスと言えば、「カドカワ」のインタビューで
「ラップでチャートの上位を」と目標を掲げていた川西っさん

野望はいかに!?

 

初photoはこのタイミングで、と決めてました
(悪戦苦闘の結果です。。。)

Unicorn

ちなみにラック下段が空いてるのは
飛ぶように売れているから?

同日発売 BLACK BORDERSの
「GREAT ADVENTURE」は
早くも品切れです!(@某所 タワ○コ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川井郁子 ヴァイオリンリサイタル

10月4日(日) @大阪中央公会堂

TVで前日に知り、当日券もあるようだし・・・と出掛けた中之島
大正時代の浪漫と様式美をたたえて建っている
大学の卒業式がこの公会堂だったこともあり
親しみもあり、懐かしさもあり、
久しぶりに中に入ってみたいという動機もあった

 
ホール全体が見渡せるよう、あえて2階の中央の席を選んだ
ステージの真ん中にピアノだけ
開演の時間になり、ホールの照明が落ちても
時刻は5時
カーテンが閉められていない窓から
自然光が差し込む不思議な明るさの中
演奏が始まった

 
ヴァイオリンの音が、はじめ、頼りなく聴こえたのは
マイクやスピーカーを通さない、
楽器からそのまま出る音だけなのと
そもそも音楽のためのコンサートホールではないからだ、
と感じたのはほんのはじめの一時だけで
あっという間に惹き込まれてしまった

 
楽器からそのまま出る音なのに
こんなにも豊かな表情をもつとは
あんなにも、か細いとは
あんなにも、荒々しいとは
知らなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏フェス on TV(有料放送なのよね・・・)

家でのんびり過ごす休日に、夏フェスを振り返る

共にライブ参戦する我が相棒が録画してくれたもの
(本当にありがとう!)
いろんなライブシーンを家に居ながらにして
楽しむことができる、この多チャンネル時代
音楽にかぎらず、スポーツ、映画・・・ 
好きなものだけ、好きなだけ

 
なのですが、ウチはこの時代にタダで見れるモノしか
映していません
いろんなタイミングで度々
「加入しちゃおっかな~」って検討はするけど
結局、住いのTV受信事情やら、コストやら、
熱意やら、時間的な余裕やら
なんだかんだで決心できず、
こころ優しい友のご厚意に感謝する日々。。。

| | コメント (0)

ユニコーン TV番組収録観覧募集

「HEY!HEY!HEY!」収録の観覧募集のインフォメーションが出てた
行ってみたいな~

前の記事にたまたま書いたけど
やっぱ、こういうのに出会うと東京(関東エリア)に
住んでたらなーって思う
他の地方に比べれば、
大阪は東京に次ぐポジションではあるけど
圧倒的に東京に集中してるし 関東在住の人が心底羨ましい

 
まぁ だからと言って人気番組のこと
そうそう簡単に当選できるものでもないか

 
そういえば
ゴスペラーズが「永遠に」でブレイクして露出ラッシュだった頃
一度だけ在阪局(ABC)の収録に当たって
TVのスタジオに行った事を思い出した
OAでは2曲のところをアカペラの曲をもう1曲演ってくれたっけ

収録のための待ち時間とか考えたら
あっという間のライブだったけど
メンバーの素顔を少しだけ垣間見れた気がして
舞い上がって帰ったのでした

 
ユニコーン 川西氏50歳記念シングル
「半世紀少年」のプロモーション
EBI氏のブログによれば
いくつかの番組の収録をしているとか

企画モン的な遊び心で作ったシングルのようだけど
いろいろと 5人で楽しげにメディアに出てきてくれるのは
嬉しい限り

しかし、
新曲の演奏はどうするんだろ?

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »