« 川西幸一50歳記念 FINAL! | トップページ | 川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その2〉 »

川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その1〉

川西幸一50歳記念 チョットオンチー 栄光の50年
10月19日(月)・20日(火) @大阪城ホール ライブレポ

091020

まだ、熱に浮かされてる感じ。
忘れたくない場面の数々を
なんとか記憶が鮮明なうちに書き留めなきゃ!

1日目のシートは 上手サイドの後ろの方
なので、ステージ全体がゆったり見渡せるポジション

最終日は 上手サイドのステージにとても近い 
(相棒よ、本当にありがと~!)
ステージの真ん中に‘でべそ’と呼ばれる
張り出し舞台があって
その張り出し舞台を ほぼ真横から眺める位置
そして両サイドにはスタンド席から手が届きそうな距離感で
ミニステージがあり
斜め45度のあたりを 肉眼でバッチリなシート

会場の照明が落とされ、
「半世紀少年」の重厚なシンセのイントロが流れ
張り出し舞台から勢いよくスモークが噴出し 主役登場!

 

張り出し舞台には、その真ん中に 
奈落からの‘セリ’が用意されていて
そこから突然 新撰組の羽織すがたで 川西っさんが現れた

このセリは この後 たびたび楽しませてくれることになる

会場じゅうに笑顔を振りまいて 開幕宣言

オープニングは PUFFY
もちろんドラムは川西っさんで、ご挨拶に2曲
そしてMCタイム 川西っさんも 亜美・由美ちゃんのそばに

 
ライブ50本に PUFFYがカウントされないことに
PUFFY
「私たちも 川西っさんのこと メンバーと思ってるのにね」
川西っさん
「サポートだから、だめだって、某OTが。ドSだから。
あ、楽屋でモニター見てるかも」
PUFFY
「見てないよ、たぶんお菓子食べてる。今、お菓子タイムだよ」

 
ここで ‘おともだち’の古田タカシ氏(=シータカさん)登場
川西っさんと 熱いハグ

1日目のMCでは、見ていたPUFFY 
「あわせて100歳の抱擁だ!
明日は101歳のナントカになるね!」

ここからは シータカさんにドラムを託して川西っさん退場
曲が始まる

・・・と思いきや、
セリからなんともラブリーなお姿で 川西っさん登場
背中に天使の羽をつけて、
確か1日目には頭に天使の輪もついてたはず

亜美・由美ちゃんの間に立って、マイクスタンドで3人並んで
これまたキュートな振り付きで「愛のしるし」を川西っさんも熱唱
ステージ上の巨大ビジョンには PVが映し出されていて
亜美・由美ちゃんのデビュー当時の初々しい姿も また楽し
曲の終わりとともに、川西天使はセリを降りていきました。

さらに次の曲でも
サビのところで、またセリから 今度は銅鑼(どら)とともに登場
何度か打ち鳴らして 降りてった
と思ったら、また次のサビで セリ上がってきて銅鑼鳴らして
また降りて、でまた上がってきて、銅鑼鳴らしまくって 
銅鑼の音で曲を〆る
さすがドラマー 叩くね~

 
今度はステージに残っている川西っさん、
上手サイドに向かって歩き出し
ミニステージにセッティングされたドラムセットでスタンバイ
反対の下手ミニステージにはシータカさんが。
贅沢にも ツインドラムでの演奏がスタート!

曲の終わりに 川西っさん vs シータカさんの ドラムソロ合戦
華やかで力強い川西っさんに 重厚な迫力のシータカさん
もうかっこよすぎ
ありえないドラムショーに大喝采の中 シータカさん退場

 
センターのドラムに川西っさんが移動し、
亜美・由美ちゃんの
「みんなよく知ってる曲だから!歌って!」の呼び声に
ウッ!ハッ!ウッ!ハッ!と「働く男」
PUFFYのカバーも また いいね。
オンナノコの張りのある声が歌う オトコ歌

 
亜美・由美ちゃんは蛍光色の色違いのTシャツで
2人が持つマイクも蛍光イエロー
蓄光っていうのかな、照明の効果で
Tシャツとマイクが浮かびあがって、
不思議POPなステージも面白い

2人のTシャツの真ん中には スパンコールで大きく 「50」
お祝いだもんね

ラスト「アジアの純真」で盛り上がって PUFFYの巻き、終了

 

|

« 川西幸一50歳記念 FINAL! | トップページ | 川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その2〉 »

ライブレポ」カテゴリの記事

川西幸一」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その1〉:

« 川西幸一50歳記念 FINAL! | トップページ | 川西幸一50歳記念 ライブレポ〈その2〉 »