« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

おおみそか

穏やかな年の瀬 (外の風は冷たいけど)

先日行った、京都国立近代美術館から撮った、
平安神宮の鳥居

0912261

思えば、今年の初めにも、厳島神社に出掛けて
海に立つ大鳥居を、船から眺めて島へと渡り
干潮時には下をくぐったり。

090104_093801

今年は始めと終わりに、立派な鳥居にご縁があったようで、
ありがたい気持ちになるのは、日本人たる心

年始に広島に行くことになったのも
ユニコーンにどっぷりハマる1年となる啓示だったのかも・・・
なんて、明らかに‘こじつけ’ですかねぇ

このブログを始めたキッカケも、実はユニコーン
予想外に面白くて、またこうして書き綴ってる

来年もまた、楽しい出来事をたくさん載せていけますように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RADIO CRAZY ライブレポ

12/29(火) @インテックス大阪

0912291

今年のライブ納めに文句なしのラインナップ

お目当てはもちろんユニコーン! そしてトータス松本、奥田民生

ライブで観るのは初めてのアーティストも多くて
それぞれに面白い
インパクトがあって、特に印象に残ったのが

阿部真央ちゃん と サカナクション

また是非ライブを観に行ってみたいと思う、
私好みの‘音’だわ

 
「帰ってきたナニワ・サリバンショー」の時間になって
ステージサイドの大型ビジョンに映し出されたのは
これまでのナニワ・サリバンショーのダイジェスト映像で
ゴージャスな演者とともに唄う、忌野清志郎さんの姿
それだけでもう、胸がいっぱいになってくる

やがて、ステージ上には5本のアコースティックギターが
中央のマイクスタンドを囲むようにセッティングされている

続きを読む "RADIO CRAZY ライブレポ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RADIO CRAZY

いい天気で気持ちイイ~ 
さぁ楽しむでぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COUNTDOWN JAPAN 09/10

行きもしないで、このタイトルは反則?

だって、本当に本気で行きたかったんやもん
だって、ユニコーンもゴスペラーズも、両方出るんやもん!
なかなか無いと思うねん
同じイベント、同じ日、同じステージなんて

けど、さすがに幕張は遠い・・・(泣)

いや、その気になりゃ
大阪・東京間なんて新幹線ですぐやん
仕事も早めにやっつけて年末休暇とればいいやん
なんて悪魔(?)の囁きに惑わされそうになるのを
なんとかこらえて出勤

ユニコーンとゴスペラーズって、ジャンル違いな感じなんだけど
でも実は似てるとこあって
メンバー全員が曲を作って、リードボーカルを取るスタイルとか
5人ともがキャラ立ちしてて、よくしゃべるところとか
バンド(グループ)の外でも個人活動してるところとか

だから好きになった訳じゃなく
後になって気がついた事だけど。

そろそろスタートの時間かな?
(こちらはお昼休みが終わる時間・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルゲーゼ美術館展

京都国立近代美術館

0912260

翌日が最終日と、ギリギリになって
ようやく観に行くことができた

年末も押し迫ったせいか、寒くなったせいか
比較的、ゆったりとしていたように思う

今回の目玉、ポスターやチケットにも使われている
『一角獣を抱く貴婦人』は展示順の序盤にあって
さすがにその前は人だかりになっていた。
なかなか人の流れが進んでいかないのには訳があって
この絵、描き変えられたという謎を秘めた作品だから。

続きを読む "ボルゲーゼ美術館展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MUSIC STATION スーパーライブ2009

ユニコーン、1曲だけでしたね~
このアーティスト数だし、致し方ないでしょうね~

X’masらしい、白のタキシード姿がまぶしかったですね~

ドレスアップした、阿部氏のヘアスタイルを目にして、
『WAO!』演るんだな、って思いましたし。

EBIくんの髪も‘綺麗綺麗して貰って’(byエビエビモドロ)
さらっさらの、つやっつやでしたね。

テッシーのいつものCAPならぬ、HAT姿も
大変お似合いでした。

さすがOT、タモリさんとのトークも慣れた風で
来年の抱負は煙に巻いてしまいましたね。

その間、川西っさんは、落ち着きなさげで
普段どおりなのを、微笑ましく観ておりました。

ほんのひとときでしたが、楽しいX’masでした。

 
という訳で、
『雪が降る町』は、年末イベントに持ち越しとなりました。
RADIO CRAZYが楽しみ~♪

そうそう、
ソニーミュージック オフィシャルサイトをサイトジャック!につき
石川遼くんなメンバーを観ることができました!

川西っさん、黒髪じゃないんや。フツウやん。

それより、長髪コンビが新鮮だわぁ~ 爽やかだもの~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリクリな、ユニコーン

オフィシャルHP上、動画で

Merry X'mas!

しかし、ユルい。
あまりにもユルい。
けどそのユルさに、こっちは顔が緩みっぱなし

メリクリ動画の登場はランダムなので
何度、クリックしたことか

ライブ映像の方の『サラウンド』の
石川遼くん風なOTもヒットやったけど
できれば石川遼くん風でドラム叩いてる川西っさんも
見てみたかったなぁ~

今夜はMステ・ライブ! あの曲、演るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めでタイ、ユニコーン

また、見ぃつけた!

091224

たまたま手に取って、ぱらぱらとめくったら!

店頭の看板だけかと思ってたので、
‘紙’で手元にあるだけで、Happyな気分だわ~
はっぴ姿だけに・・・(自爆)

0912242 タワレコの店頭にある
これに載ってます

FREEです

『勤労ロードショー』も
載ってるので
タワレコにGO!

 

 
ちなみに私、タワレコの回し者ではありません

が、ついでに
コチラでもユニコーンの‘めでタイ’模様がみれますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニコーン『勤労ロードショー』

0912232
(なんか、オレンジっぽいなぁ・・・実物は真っ赤っか!)

封を開ける時から、ハンパじゃないワクワク感
・・・ていうか
リリースが発表されてからずっとワクワクしてたかも

3枚のうち、どれからにするか迷った結果
DVD「人生劇場」をセレクト。文句なし、おもろいわぁ
声出して笑いそうになるけど
深夜につき肩で笑うにとどめつつ。

油断していた訳じゃないけど、148分て!
見終わったら超深夜な時間やん。翌日休みでよかった

可笑しくてたまらない、っていうメンバーの笑顔もうれしい。
それと、ラストのEBIくんの、阿部氏とともに移動した時の
ドキドキ不安げな‘素’の表情もファンとしてはお宝モンかもね

 
明けて今日。
ライブ音源のCDは、もう素晴らしいに尽きるね

クオリティとかバランスとか、そういうのは
‘生’だけに、常にパーフェクトっていうのは不可能だろうけど
その場の空気感とか、迫力とか、温度とか、
音楽って、やっぱりライブでこそ生まれるものがあって
そういうのがイイ感じでパッケージされてるなーって思う

続きを読む "ユニコーン『勤労ロードショー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!発売 『勤労ロードショー』

出ましたぁ~!

091222

この写真、撮るのにひと苦労
だって、商品を手に取る人、試聴してみる人、
ひっきりなしに人が出入りするから。
そんな皆さまのご迷惑とならないよう
ひんしゅくを買わぬよう・・・

CD×2 + DVD  さぁ、どいつから手をつける?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年カラオケ

いつもの相棒と、いつものカラオケ

本人映像(=PV)がやっぱり楽しくって
歌うより鑑賞する方に寄りがち

『半世紀少年』は、主役は川西っさんのはずなのに
映像で美味しいとこ持ってってるEBIくんに、大笑い

『Maybe blue』には、思わず‘カワイイ~!’って
何度も口走ってしまったり

奥田民生『手紙』(これはPVではないけど)を相棒が歌うのを
隣で聴きながらモニターに流れる歌詞をながめてて、ん?

「クラクラ君」って、誰?

「朝顔のような百合のような菫のような」女性を想って
手紙を書いてるのは「僕」ではなかったの?

「クラクラ君」のために手紙を代筆してたのか
それとも自分の中の恋焦がれる想いを象徴してるのか?

「クラクラ君」の存在、いままで全く知らずにいたわ。

どなたか、ご存知ですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Rhythm&Drums magazine

ドラムマガジン1月号 川西幸一 インタビュー

本当に、今年はよく働いてますね~、川西っさん

今週末の、BLACK BOARDERSライブから
ユニコーンのイベントライブ出演など
年末は大晦日まで、怒涛のライブスケジュールだし。

そんな川西Yearな‘09年のドラマー代表ということで(?)

さすがにドラム雑誌だけに、
他の音楽誌とは違ったアプローチになってて
テクニックのことを言ってるんであろう単語とか
ドラムセットの詳細とか
残念ながらついて行けない話題もあったのだけど。。。

BLACK BOARDERSの、活動を始めた頃の話や
レコーディングや曲作りの話などは、とても興味深くて
‘やっぱり川西っさん’な、一途な感じが読んでいて楽しい

ボーダーズを始めてから、ライブで緊張しなくなった、
というくだり、
バンドの話としてだけでなく、いろんな緊張する場面で
心構えとして参考になるな~、と思ったり。
実際の私の生活では、そういう境地に至るには
まだまだだけど。

学生時代にバンドをやっていたことがあるので
この手の雑誌は、なんとなく懐かしい青春のにおいがある

ドラムのスコアの、音符のおたまじゃくしを‘×’で書くのを
久々に目にして、いろんなこと思い出したりして。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NO MUSIC,NO LIFE?

0912181

タワーレコードのポスターにユニコーン登場
このシリーズは、どのアーティストも
モノクロ写真で納まっていて
見た目にシックな印象なんだけど
さすがユニコーン、 ご陽気な空気がでてますねぇ
めでたいムード たい焼き屋さんだけに。

メッセージが添えられていて、メンバーそれぞれに味がある

0912182

30周年企画として、いろいろ展開中のタワレコのHPでは
メイキングムービーも近日公開とのこと

要チェック!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゴスペラーズ坂ツアー 2009

『15周年漂流記・秋冬』
12/15(火) @グランキューブ大阪

091217

大阪2daysの1日目
ゴスペラーズ史上3度目となる全都道府県ツアーは
すでに広島を最後に制覇しており
ツアーの終盤に東名阪で、2日づつ行われる

春夏は、神戸と大阪の2公演に行くことができたけど
秋冬は、この日、1回限り
なので、見逃すまい、聴き逃すまいと、張り切ってしまう

座席は2階席の後ろの方だったので、
残念ながらステージまで遠いのだけど
そんなことより、会場の広さに圧倒された
グランキューブは、これまで何度か来ているけど
1階席ばかりだったから

いままでの数々のツアーをともに参戦してきたゴス友と
「オープニングの曲はなんだと思う?」
「やっぱり、Love NotesⅡからの選曲なんちゃう~」
なんて、ワクワクしながら待つ時間も、楽しいひととき

続きを読む "ゴスペラーズ坂ツアー 2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15周年漂流記

ゴスペラーズのライブに行ってきた!

これまでの中で、一番私好みのステージだったかも
っていうか、毎回、毎回、グレードアップしていて
感動度合いの記録を連続更新ってことかぁ~

今回はグランキューブ大阪(大阪国際会議場)だったので、
この前のトータス松本の時のように、
トランポが会場前にいるのを期待したのだけど、残念!

あの時は気が付かなかったけど、
あの場所にどうやって、あんな大型車を入れたんだろう
だって、広さは十分だけど、あちこち階段だらけで
どこから乗り入れしたのか不明。。。

トランポの華丸さんのイラストを収めたかったなぁ・・・

ライブ・レポはまた改めて。

091216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『THE FILE』 ゴスペラーズ

091215

デビュー15周年記念の単行本
「THE FILE~15 years of interviews and photographs~」 
角川マガジンズの「CDでーた」に掲載された記事やコメントも
当時のアーティスト写真とともに載せられていて
いやぁ~ 若いね~ 懐かしいね~

 
彼らの出版物は、基本的に文字が多いと思う
インタビューとか対談とか、彼ら自身が語る言葉が使われたり
ツアー・パンフレットですら、読み応え十分な構成になってる

あ、決して写真が少ないわけではなくて。

語る言葉の選び方や、話題の広がり方、こだわり、などなど
5人の個性がはっきりと違っているから面白いし
なにより5人が5人とも、よくしゃべる。

インタビュアーも編集者も、この5人相手なら
いくらでもしゃべってくれそうだし、楽チンなんじゃない?
それとも、しゃべりすぎてまとまりきらず、担当者泣かせかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USAGUITAR

ウルフルケイスケ氏と藤井華丸氏のコラボ

USAGUITAR(ウサギター)

ケーヤンはギタリスト、華丸さんはイラストレーター
この2人で何を始めるのか、ちょっと気になってる

渋谷パルコのX’masキャンペーンの
キャラクター&テーマソングにもなっていて
渋谷あたりでは、ビジョンやら広告看板やら
ドーンと展開中のようで。

心斎橋パルコでも、やんないかしら?

『ウサギターwebコミック』も始まって、楽しげな予感

脱力系ユルキャラのキュートなうさぎが
パンキッシュなギターを掻き鳴らす・・・ということらしいが
ケーヤン曰く、「育ててください」と。

・・・???・・・  何になろうとしているの?

 
ところで
藤井華丸さん、って、なんかどこかで・・・? と
引っかかってたのが、やっと思い当たった

ゴスペラーズのイラストを手掛けていたんだった!
091214

これは何年か前の、モバイル版サイトでのイラスト
(現モバイルは、メンバー本人の画像)
ツアー・トラックに描かれているイラストも華丸さんの

思いがけないところで接点を見つけて、つなっがった感じ。
ちょっと嬉しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC・携帯版『勤労ロードショー』

ユニコーンが動き出した~

実際に動いてるのは、メンバーより、スタッフの皆さま方
公式サイトで、いろいろとお楽しみコンテンツ作戦が展開中

で、さっそく

「ツアー『蘇る勤労』緞帳落とし!」
一発クリア~! 当然じゃん (^-^)

「ロードマップ」でのメンバー探しも、ついつい。
これはクリックしまくればいいだけなんだけど、嬉しくなるね

そうそう、ブログパーツもいただきまして。

‘緞帳落とし’のおかげで、また勤労DVDを観てしまった
『勤労ロードショー』のリリースが待ち遠しいな~
あと、9日と22時間と31分と45秒・・・ 
MY携帯の待ち受けが教えてくれてます

待ち遠しいといえば、X’masの日
ミュージックステーションのライブに生放送で出演
『雪が降る町』を演ってくれないかな~
せっかくの、この時季のライブだし
今のユニコーンで聴いてみたい、観てみたい! 是非とも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAYWALK ライブ

~Christmas Special Live 2009~ 
@Billboard Live Osaka 12/8(火)

会社の取引先からのお誘い
Billboard Liveの法人会員になっているそうで
ここ何年か、この時季に忘年会を兼ねて、
お声をかけていただいている(ちなみに前回は岩崎宏美さん)

ステージの良さはもちろん、レストランとしても上質なので
とてもありがたいご招待なのです

まだ、「J-WALK」だった頃、そして私が大学生の頃、
ウチの学園祭でライブをしてもらったことがある
当時、祭の実行委員のひとりだった私は、楽屋まわりの係
なので、ライブは演奏してる音が聞こえてくるだけで
観ることはできなかったのだけど
メンバーの皆さんの気さくな雰囲気に触れることができたのは
今でも自慢の思い出

そんな懐かしさも抱きながら待つ、そのステージは、
普段とはひと味ちがって、X'masらしい華やかな雰囲気

続きを読む "JAYWALK ライブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネイルアート №7

X'masからNewYearの時季の 冬のイルミネーションのイメージ
081230_115501

081230_115402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれた日

プライベートなことは、あまり書かないつもりでいたけど。

 
今年は思いがけない人から、お祝いメールが届いた
とても驚いたし、やっぱり何よりも嬉しい

 
自分が今、こうして生きていることを
改めて考えてみる日

あ、いや、そんなたいそうな話でもない

たくさんの人、いろんな事に、ありがとうの日

091209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばっかり聴いてる

Jazztronik!

あれやら、これやら、音楽に関しては無節操なんだけど
やっぱりコレが一番好きだなぁ~
このリズム、このメロディーライン

一度、自分の空間に流れてしまうと、
しばらく離れられなくなる。心地よすぎて。

実はどういうわけか、この夏から秋の間で
生ジャズトロのチャンスを2度も逸してしまっていた

知り合いのカフェであったイベントには
そう滅多にない休日出勤で、泣く泣くあきらめ
Billboard Live Osakaでのステージは
同じ日に、トータス松本・追加公演が先に決まっていたり。

今月、DJイベントは大阪でもあるけど
ライブは東京と福岡のみ

ライブで聴きたいな~ ぜひ大阪に!
せめて京都か神戸、がんばって名古屋くらいなら?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「リアル・クローズ」サウンドトラック

『Real Clothes~Motion Pictures Sound Track』
Jazztronik  Collection

関西テレビ/CX系で絶賛OA中のTVドラマ
「リアル・クローズ」のサントラ盤アルバム

このドラマの音楽担当を野崎良太氏がしており
Jazztronik好きの私としては、やはり外せない
で、CDお買い上げ

でも実は、ドラマは一度も見たことがないのだけど。

ドラマの方のスタッフ・クレジットには
‘野崎良太(Jazztronik)’と、カッコ書きでくっついてて
CDの方は、‘Jazztronik  Collection’

ま、そんなことはおいといて。

劇中の色んなシーンに添わせる音としての曲もあるからか
ジャズトロの、オリジナルのアルバムと比べると
曲調のバリエーションが広がってる気がする

あちこちにジャズトロらしさがちりばめられていて
アルバム全体としても、とても聴きやすい

曲を聴いて、どんなシーンで流れるのかな? なんて
想像してみるのって、悪くない

っていうか、ドラマを見てないで言うな、ってことでしょうか。。。

 
そういえば、サウンドトラックを買ったのって、初めてかも

あ、いや、思い出した。ずい分昔の話。
『ルパン3世』のサントラ盤を、何枚か持ってたっけ
TVや映画で観て、アニメの面白さもさることながら
音楽がカッコ良くって好きで、買って持ってたんだ

聴いてみたくなったけど、人にあげちゃったんだった。くぅ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・ウイスキーがお好きでしょ

2009年のヒット商品に、『ハイボール』がランクイン

SmaSTATIONでのピックアップによるもので
ウイスキーの消費が上がったんだそう

そう、あの曲の、あのCMによる効果大!

ゴスペラーズのファンならずとも
あのフレーズに、耳と目をTVに奪われたってコト

ウイスキー人気&売上げに及ぼす影響は・・・
なんて語るつもりはないけど
曲の持つ、人を惹きつけるパワーって、凄いよね

あの曲が、ゴスペラーズの歌声でTVから流れた時は
ちょっと鳥肌モンで嬉しかったし、
ライブで、生で聴けた時なんて、
CMと同じワンフレーズだけだったのに、
得した気分になったもん。

フルコーラス・バージョンが
「LoveNotesⅡ」の特典DVDにしか収録されてないのは
残念というか、もったいないというか

あ、もったいつけてるのか?! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり働く ユニコーン

‘川西幸一50祭’の余韻に浸るのも、先月で終わり・・・らしい

12月に入ったとたん 『勤労ロードショー』発売に向けて
プロモーション大作戦が始まった模様

働く5人が、阿部氏のブログに載ってる~
働く・・・っていうか、ふざけて遊んでるように見えなくもないけど

で、忘れられてた川西幸一氏
なぜかピアノを弾く(ように見えるように写ってる)
とても真面目な表情の川西っさん

絵的に、むっちゃ新鮮やわぁ

ベース弾いてる(ように見える)川西っさんも
見てみたいぞ

あ、ホントに真剣に弾いていたら ゴメンナサイっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネイルアート №6

ピンクベージュをナナメに ちょっとだけ個性を出してみる

081203_005502

081203_005601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイの天才

トータス松本氏が ブログで自ら‘チャイの天才’と称し
その作り方「豆乳編」を動画で紹介

興味のある方はコチラ「日々、トータス」のリンクからどうぞ

ただ、この時間(25時過ぎ)見ることができず・・・
ネットラッシュの時間なのか?!

『カンテ・グランデ』という名のチャイの美味しいお店で
トータスとウルフルケイスケとジョンBチョッパーが
かつてバイトをしていて、そこでウルフルズが生まれたのは
有名な話

この店、大阪各所にあり、私にとっても
ウルフルズの話を知る前からの、お気に入りのお店

インド風の小物(売り物)がお店のあちこちに置いてあって
派手にカラフルなのに、とても落ち着くカフェなのです

カンテのあったかいチャイが飲みたくなってきた

明日のランチはカンテに決まり♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RADIO CRAZY 

年末のFM802のロックベント
『RADIO CRAZY』の出演者が続々と発表されてる!

奥田民生とトータス松本も登場だぁー!

やったぁ~♪ 

ユニコーンの出演が決まった時点で、もう行くと決めてて
すでにチケットは入手済み

ユニコーン出るから、たぶん民生ソロも来るだろう、とは
なんとなく予想してたけど
トータスは嬉しいなぁ

民生&トータスで、絡んでくれたりしないかなぁ

むっちゃ楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »