« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ゴスペラーズ『G15 archives』

デビュー10周年の時に出された「G10 archives」の続編

それからの5年間の記録なので
わりと最近な感じがするのだけど
こうして振り返ってみてみると、私なりに懐かしい。
 
そうそう、コレ観た!あんなことあって… って、ウフフな気分。
 
G10の時のお祝いムードと比べると、ちょっとクールな印象かも。
彼らが年齢を重ねて落ち着いた雰囲気のせいか、
いろんなシーンで得た自信が、そう映るのか、
案外、表紙の色が赤から青になったせいだったり?

100228

現在、個人活動中の5人。
 
‘外’での刺激を楽しんで、栄養を吸収して
それをどーんとぶつけてきてくれるであろう
次のアルバム&ツアー。 
 
いつ頃かな~? 待ち遠しいな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニコーン写真集『少年三浦マガジン』

ミュージシャンの写真集としては意表をつくデザインの表紙で
やっぱ、ユニコーンやなぁ・・・とニヤつき
開けて見て、また二ヤリ。
‘少年マガジン’テイストな構成と、印刷インクの独特の匂い。
思いの外、いい香りで、ちょっと郷愁をさそう感じもあり。

100227_3

いやぁー、見応えあるわぁ~! 
頬骨筋と口角が上がりっぱなし。もちろんハートもね♪
 
一番、衝撃を受けたのが、
ZEPP OSAKAでの川西っさんダイブショット!
 
さすが三浦巨匠、こんなシーンまで!

当分の間、この膨大な数のショットを眺めて楽しめそう。
そうこうしてるうちに、DVDボックスの発売日もやってくるね。
 
彼らが‘休みタイガー’な間
怒涛の‘09を振り返り、楽しんでいてね、ってことかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の(?) 当時発売!?

ユニコーン写真集『少年三浦マガジン』 と
ゴスペラーズ『G15 archives』 が
まもなく発売される。
 
で、先日、タワレコで予約してきたのだけど、
店員さんが
「ユニコーンさん」、「ゴスペラーズさん」と
‘さん’付けで話すのが、なんとなく不思議な感じ。
ご本人達を前にしてるわけでもないのに。
 
社会人的日常においては、
相手の会社名とかに‘さん’つけたりするのって
確かにフツーの会話だったりする。
 
CDショップとしては、
‘お取引先アーティスト’ってことなのかしら?
‘呼び捨て’にするのは失礼、って意識なんでしょうかねぇ。
 
それにしても
ユニコーンさんと、ゴスペラーズさん、
なにも同じ日に発売しなくたっていいじゃないですかぁ!
 
と思ってたら、ユニコーンの方、入荷したとの連絡♪
わーい!
あ、しまった、今日は行けないんだった(泣)
 
ってことは、やっぱり明日♪
 
一度に2冊、手にしちゃうことになるのね。
 
ヤバイよ、ヤバイよ!!
嬉しすぎて、なんか混乱してしまいそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おいしいうた』byMBS ‘ちちんぷいぷい’

夕刻、出掛けていた梅田・茶屋町。

毎日放送のエントランスに、照明のもと、人だかりが見えて
時々、イベントとか中継とかやってたりするので
何かやってるのかな? と近づいてみると
CDの即売イベント。
 
‘ちちんぷいぷい’の番組内で
今月の『おいしいうた』として毎日流されていた曲たちを
『すごく おいしいうた』というコンピレーションアルバムにして
発売したらしい。
 

平日の昼下がりの番組なので、
観るチャンスはとても少ないのだけど
「おいしいうた」って聞いたことある。
CD出したのも知ってたよ、私。
 
けど、
ヤイコちゃん(=矢井田瞳)が小田さん(=小田和正)と
共作した曲が収録されてるとは知らんかったなぁ~
 
 
西靖アナが、鮮やかな水色のマントを身につけ
CDを積んだワゴンを押してセールスしていて
なんか、ほのぼのとしてる。
 
MBSの、こういうほんわかしたムード、好きやねんな~
人柄のよさそうな感じ。
 
在阪民放局で、ダントツで好きかも。
 
昔、深夜にやってた「あどりぶランド」
略して‘あどラン’は、好きでよく観てたっけ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KK50祭 再び!

昨年12月にCS-TBSで放映された、あのライブが
今度はBSで再放送! やったぁ!!
 
BSなら、ウチでも観れるぞ~♪
 
もちろん、ちゃんとオンタイムで観るけど、
録画もしておきたい。
 
ところが、レコーダーの方は、カンタン、ピッと録画できるのは
地上波とNHK-BSだけ。

TVで受像しているものを、そのまま録画する、
という方法で録らなくちゃならないのだけど
失敗した過去もあり、ちょっと心配。
 
ちゃんとできるかチェックしとこ。
 
観ながらしか録れないんだから
何がなんでも、飲みの誘いも断って帰ってこなきゃ!
 
そっか、部屋呑み、しよ~っと♪
 
『ユニコーン 川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年』
来週火曜日 3/2 22:00 OA!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大迷惑』も懐メロ?

「週刊アスキー」 大槻ケンジ氏のコーナーでEBIくんと語る

テーマは ‘懐メロ’

最近、言わない気がするような・・・ 気のせい?
 
子供の時とか、ティーンエイジャーくらいの頃かな
懐メロっていうと
親の世代が若い頃に聴いていたって曲を
あぁ、懐かしいね~ って言っている
そういう感じ。
 
てことは、ですよ、

『大迷惑』も 『フレンズ』も、もやは『永遠に』
今の若いコたちにとっては十分‘懐メロ’

もっともっと、サイクル早いかもね。

  
最近のいろんなイベントライブとかを見てて
ミュージックシーンでは世代もジャンルも関係ないよね、って
そう思ってるのは
‘上’の世代の思い込み?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年 EBIのストリートライブ?

COUNTDOWN JAPAN 09/10
ユニコーン アーティストコメント 配信中!
 
UPされて以来、何度も見てみるけど
未だ、動画がフルに見れないのはなぜ?
 
時々、映像がストップしちゃう。くやしい~っ!

でも音声は続いてるので、途切れ途切れの画像のまま
とりあえず最後まで声だけでも楽しんで
また、最初からやり直してみる。

同じところで止まってしまうわけでもないけど
路上ライブを
「なんぼでもできるよ~!」「おまえ、やれやれ!」
って盛り上がってるところだけは
いつも、画が動いてくれない。なんでぇ~?
 

今日、やっと見れた、ホンの一部

「ステージのトリ」と話を振られたところで
EBIくん、両腕を少し広げて鳥の真似・・・
 
無邪気やわぁ~ お茶目やわぁ~

 
果たして私、
ちゃんと動画が見れるようになるのでしょうか?
そしてそれまでに
何回チャレンジすることになるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネイルアート №10

キラキラピンクに、ネックレスのようなデザイン

090330_010001

090330_010002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民生×カエラ on 僕らの音楽

木村カエラちゃんとのコラボで、民生のギター1本で唄う『息子』
 
いいねぇ~♪
 
カエラちゃんの、普段より低いキーで唄う声がいい。
 
それから、ふたりのユニゾンで唄ったところ、
ハモるより、ずっとカッコイイ。
 
ハモるより、ユニゾンでの音の響きの方が
実は‘ありえない’美しさなのでは? と思えるほど。
 
あぁ、そういえばPUFFYもそうよね。
 
 
カエラちゃんがトークの中で言ってた事
  
みんな『Butterfly』みたいな曲、好きなんだろうな、と思う。
『Butterfly』は自然に出てきたものだから
ねらってやっちゃうと、つまんない。
 
カッコイイやん!
 

民生コメントの「天使の歌声」は 
カエラちゃんの声を賞賛しての発言だったと思うけど
実は、民生が欲するものなのかも~ なんて。
 
ファルセット(=裏声)は出ないから、シャウトしかない。
とか言ってるの、なにかで聞いた(読んだ?)けど
‘持てるもの’と‘あきらめ’とをわきまえた大人の発言だなぁ、
と思える、私自身の歳や諸々にも思いを馳せたりして。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒を、お湯割りで

by 野田タロウ
 
これもBLACK BORDERSの京都ライブでの話
 
ツアー先で、川西っさんやスタッフと行った屋台での
野田くんのオーダー。
 
ビールと日本酒しか置いてなかったので
焼酎とかを、‘水割り’や‘お湯割り’
‘ウーロン割り’とかするように
フツーに、そうオーダーしたら
店の人に「熱燗?」って聞かれたらしい。
 
野田くん的には、熱燗のつもりではなくて
‘熱燗’っていうと、お酒が濃くなってる感じがするんだって。
 
そんな不思議オーダーなやりとりをしてるのを
川西っさん達が見て見ぬ振り(聞こえてない振り?)してたのが
不満げだった野田くん。
 
 
だけど、日本酒は割っちゃイカンでしょ~
 
 
日本酒は旨いよね~。私、大好き。
ビールは、なくちゃ始まらないし
ワインも、つい、ボトル空けちゃうし。
それに比べると
焼酎は最近でこそ飲むけど、ウイスキーはまだ未知
 
で、気付いた。私の嗜好。
‘割る’のが好みじゃないんだな、どうやら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと いい話

by 川西幸一 @クラブメトロ
 
京都ライブの前日、飲みに行ったところが
とても感じのいいお店だった、という話。

「飲み物、ラストオーダーです。」
っていう言い方が、普通。
 
その店は
 
「飲み物、いかがですか? ラストオーダーになりますけど。」
 
 
ちょっと言い方が変わるだけで、印象が違う。
 
なんか、ステキだな~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLACK BORDERS アコースティックナイト@京都

2/16(火) @クラブメトロ

100216

このライブハウスは間口狭めで、床が階段状になっている。
パイプ椅子を並べるとしても、そんなに数入らないような…
開場を待つ間にも、そんな話してて、
「椅子50脚くらいであとは立ち見とか?」なんて。
 
店に入ってビックリ!色んな椅子がいっぱい。
カフェにあるような椅子や、バーカウンタのスツール、
アウトドアで使うような椅子、補助椅子みたいな小さいの・・・ 
デザインも素材も大きさも異なるたくさんの椅子が
段差と椅子の高さを上手く使って
雛壇のようにセッティング。
たぶん、あちこちのお店から借りて集めてきたのかな…
このライブのために動いた人達の意気込みというか、
そんないい空気が漂ってる気がする。
 
ここメトロのステージは、
広さや間口がちょうどいい感じで(BB的に)
KK50祭りの武道館や城ホールでのミニステージは
ここのイメージだった。と後のトークで明かしてくれた。
 
 
川西っさんは、タバコとスーパードライ
野田くんは、カクテル系のミニボトル
 
野田くん、ボトルを川西っさんに向かって挙げ
「ふたりの末永い幸せを祈って、乾杯!」
これにお客さん、笑いとともにブーイング
「あれぇ?すみません、お客さん置き去りにしちゃいましたぁ?」
のっけからスイッチが入ってしまってるぞ!
 
改めて、みんなで乾杯して、宴会スタート

続きを読む "BLACK BORDERS アコースティックナイト@京都"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい楽しい大好きな夜@京都

福岡に続き、BLACK BORDERSのアコースティック・ライブ。
 
7時開演で、終わったのはなんと10時20分!
なのに、なのに、演った曲数は5曲!!
(でしたよね?あ、7曲? …笑い転げて記憶危うし…)
 
でも、アドリブ含め、おまけの曲とか、たくさん演ったし
私語もとっても面白かったし、
いやぁー… なんちゅう夜やろか・・・(笑)
 
 
開場までの待ち行列で、偶然、知った顔を見つけた。
 
以前、一緒に働いていた後輩のコ。
あぁ、リアル・ユニコーン世代だよな~ と、思いつつ、
いつの間にか、彼女のファン仲間の輪が大きくなっていて
声をかけそびれてしまった。
 
ライブが終わって、彼女に会えたらいいな…、と
余韻に浸りながらビールを飲みつつ、
キョロキョロと探してても見つからないので
もう帰ったのかもと、あきらめかけたところに
不意にすぐ近くに現れて、ビックリ!
 
広島のライブにも行ってきたという彼女から
思いがけないプレゼント。

1002160

DVD『こーいちぃ散歩』に出てきた、フライケーキ!
お仲間達に渡そうと、たくさん買って持ってきてたらしく
突然、再会した私にも、ひとつくれた。 
レンジでチン!したら、まだ美味しく頂けるんだって。
 
ライブの楽しさだけでない
もっとたくさんの大切なありがたいことに
感謝、感激の夜。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳川・北原白秋記念館

思い切って、柳川まで足をのばしたのは
川下りで知られる、水郷の風景や情緒に惹かれたせい。
 
『北原白秋記念館』は、どちらかというと
「時間があれば…」くらいの感じで、町並みを楽しんでいた。
 
食事に入った店で、BGMに流れていたのは
優しいオルゴールの音色の、童謡の曲。
心地いいな~ と、‘せいろむし’と‘柳川鍋’をたいらげる。
 
その時は、童謡の意味に、まるで気が付いていなかった。

Sn3i0248

文豪・北原白秋の生家が、資料館として公開されている。

続きを読む "柳川・北原白秋記念館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLACK BORDERS アコースティックナイト@福岡

2/12(金) @DRUM SON 

100212

噂に聞く‘アコースティックライブ’は
当初のスケジュールでは関西や行けそうな地域では無く
あきらめつつ、でも行きたくってしょうがなかったので
追加が出ると知って、飛びついてしまった九州は博多。
 
ライブハウスに入ると、パイプ椅子がずらーっと並んでいて
入場順に、好きなとこ確保してく、というスタイル。
たぶん、ざっと見た椅子の数と整理番号で見ると
半分より少し前かな、といったとこだったと思うけど、
幸いにも、川西っさんサイドの前から4列目をキープ。
しかも前に座る人の間から見える視界が
スネアとハイハットが丸見えなナイスポジション!
 
ビールも調達してきて、準備万端。
 
いつものライブと同じSEで登場した二人は
いつもの黒のシャツにネクタイ、サングラスの川西っさん
ではなく
G1950コラボ・ボーダーTシャツのイエローを着用。
なんか、爽やか~
 
なんだけど、手には
川西っさんはスーパードライと火の付いてるタバコ
野田くんは缶酎ハイみたいなのを持ってる。
 

続きを読む "BLACK BORDERS アコースティックナイト@福岡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州上陸

来てしまった! 

BLACK BORDERS アコースティック・ライブは、間もなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ「VANGUARD」 CMソング

TVから聞こえてきた『流星とバラード』
洗い物をしていた濡れたままの手で、TVの前に直行。
 
車のCMなので、映像はヴァンガードの走る姿が。
 
かっこいいぞ!車も、曲も!
 
そういえば、民生って、
ベスト盤『CAR SONGS OF THE YEARS』を出しちゃったほど
車や、バイク、ドライブがらみの曲が多いかも。
好きなんだねぇ。
 
‘VANGUARD’に選ばれたの、ちょっと嬉しいかも~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大人の科学』 エレキギター

先日の、トータスが出演した日のめざましテレビで
大人の男性がハマる付録つき書籍として
取り上げられていた。
 
そうだったのか!
 
もう、少し前になるけれど、タワレコの店頭で
CDやDVDより、はるかに大きな箱で平積みされていて
しかも布袋寅泰氏のジャケ写(表紙?)のインパクトもあり
とっても目立っていたから。
 
鉄道模型にジオラマ、お城の模型、恐竜の化石・・・
 
あぁ、あのシリーズだったのか! と納得。
 
めざましテレビの「ここ調」のコーナーで
ギターにはそんなに縁があるようではない女子アナが
ミニ・エレキギターの製作にチャレンジ。
1時間ちょっとで完成させてたね。
 
おもちゃといえば、おもちゃなんだけど
ちゃんとシールドも差し込めるようになっていて
もちろん、音もちゃんと鳴る。
 
押尾コータロー氏も、自ら組み立てて作っていて
それを弾いて見せてくれたのにはビックリ!
 
自分で組み立てて作るおもしろさ、っていうんですか?

愛すべきオヤジたちが、
楽しそう&嬉しそうに背中を丸めながら
ちっちゃな部品に夢中になってる姿を想像してみる。

少年・・・というか男の子の心を忘れない。。。
 
って、ことでしょうが、
女子的には、男の人の不思議な一面ではありますねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トータス松本 『ストレイト』

お昼休みにタワレコ行ったら
明日発売のスタンバイが既に完了。

100209

早速、ヘッドホンを手に取り視聴してみる。
 
TVドラマで何度も耳にしてるけど、
たいてい台詞や何や、かぶってたし。
 
うん、うん、いい曲やわぁ~ …って聴いてたら、
 
♪死んだ方がマシだなんて、
 死んだことあるのかよ、おまえ
 ふざけんな

あまりにもストレートな歌詞に、度肝を抜かれた。
 
やっぱり、この人、天才やと思う!

カップリングのポーチライトはゆったり聴ける優しい曲。
3拍子って、これまでなかったんちゃう?
じわじわ、心に染みてくる。
 
初回版のDVDには、
ライブですごく良くって印象に残ってる曲が
収録されているので、これまた楽しみ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トータス松本 on めざましテレビ

少し髪が伸びて(というか、坊主頭じゃなくなって)
いい感じのオトナな精悍さで、久々にTV登場!
 
やっぱ、この人、カッコイイわ。

いろんな人を男女問わず惹きつけるようで、
主題歌ドラマ主演の、佐藤隆太が登場するのは当然として
まさに‘旬’のイケメン、小栗旬もコメント出演していて
とっても嬉しい気分になる、ファン心。。。
 
いい意味での「あきらめ」について語るトータス。
彼があきらめたのは
 
『涼しい顔』 
 
・・・そうやったのね・・・
 
  
なんと昨日は、大阪にいたなんて!
(城ホールでのイベントにシークレットで出演したらしい。)
 
‘今年の挑戦’として語った、アメリカへの旅。
しかも、できるだけ長く・・・
 
「えぇーっ!、アメリカ~~ぁ?!」
と激しくショックを受けたのだけど、
ジョギングシューズを選び、ウエアを試着している
子どものように嬉しそうな笑顔を見てると、
「まぁ、いいか」 って気になってくる。
 
大河ドラマ『龍馬伝』への出演も決まったそうで、
どの役をするのか、どんな姿で登場するのか
とっても楽しみ。
 
やっぱり、この人、目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さっそうと浴衣姿(着流し風情)

『川西幸一・写真でござる』に昨日UP!
 
どうやら、BLACK BORDERS高知ライブで
アンコールの時にこの浴衣姿で現れたらしい。
 
KK50祭の時もそうだったけど
何を着ても似合うというか、サマになる人よね~。
 
歴史、特に幕末好きの川西っさんと、
最近すっかり龍馬熱に浮かされてる野田くんのこと、
土佐でのライブともなれば、
盛り上がりもハンパなかったことでしょう。
 
「…ぜよ。」やら、「…候。」やら、連発していたそうで。
 
なので、この浴衣は、てっきり、盛り上がったノリで
現地調達した物かと思っていたら
浴衣の柄をよく見てみると、鎖とドクロ…?
 
オーダーしてオリジナルを作ったの?
まさか、グッズで販売するとか?
…これ着て、『幕末維新トークライブ』に行けるように?
 
 
この浴衣姿も、速攻で画像をダウンロードしたのだけど 
気がつけば携帯もPCも、データフォルダの中には
川西っさんでいっぱい。
 
Uc、BLACK BORDERS、PUFFY・・・など、
あちこちで、掲載された画像を、ついつい…
 
まさか、50歳のオッサ…(もごもご)にアイドルのごとく熱を上げ
お気に入りphotoを見てはニヤついてるなんて、…怪しい私。
歳のことなんて、まるで気にならないもん。
 
川西っさんと親交のあるミュージシャンがブログで
「DNAがおかしいんじゃないかと思うほど若い」って書いてた。
 
確かに。
 
そのDNA、移植とか、してもらえたりできないものかしら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『THIS IS IT』 DVD

劇場では、結局2回観た『THIS IS IT』
 
‘むっちゃよかったぁ~!DVD買うぞー!’って
話してた友人が、ブルーレイにしたと言う。
まだ、ブルーレイの視聴環境にないという彼女、
特典映像がその理由らしい。
確かに。
せっかく手に入れるならねぇ…

で、迷った私。
我が家の環境整備は、遅いからなぁ…

で、タワレコ限定盤には、ブルーレイ特典の一部が
収録されてるってことで、そちらを入手。

This_is_it

特典映像。
 
なんて言うか、
マイケルのアーティストとしての偉大さはもとより
彼のショーをともに作り上げるすべての人の
職人としてのプロ意識をかき立てる存在であった
という事実が
至るところに表れている。

それから、
この、幻となってしまったショーを
何とかして世に送り出したい、という執念が感じられる。
 
ただ、
それを観ていると、映画では、感覚的に漠然としていた、
マイケルがもうこの世には存在しない、という現実が
否応なしに、淡々と突きつけられる。
 
 
映画館で初めて観た時に、感動しながら食べた、
熱いバターのかかったポップコーンの味を思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民生×スカパラ 『流星とバラード』

ミュージックステーションに登場! カッコイイ~♪
 
リリースされてすぐに、タワレコでフルコーラス試聴して
スカパラらしい疾走感と、それに乗っかる民生の声に
すっかりヤラレたのだけど
ひと月待てば、アルバムがリリースされるようで
この曲も収録されるので、それを待とうかと…
で、度々タワレコに出掛けてはヘッドホンで1曲鑑賞。
 
スカパラの‘オトナ’なサウンドと歌詞が、とても男前でイイ。
 
民生はVo.としての参加なので、
詩も曲も民生節ではない。
 
ユニコーンは当然ながら、民生ソロの曲でも
ギター中心のバンドサウンドで、
民生の声を聴き馴染んでいるので
スカのサウンドとリズムで聴くのは新鮮な感じがする。
 
さすがに、上手い。
こんなこと言うの、失礼というか、当たり前だけど・・・

ボーカリストとしての新たな魅力発見だわ。 
 
3/10リリースかぁ・・・
『流星とバラード』のPVとそのメイキングが収録された
DVDが初回版には付いてくるそうで・・・
 
あぁ、また出費やなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネイルアート №9

控えめピンクに、控えめラメでポイントアート

090224_005901

090224_005801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴスペラーズ on 笑っていいとも!

2月1日(月)のテレフォンショッキングに、5人で登場!
 
勢揃いでの出演は、8年ぶりの3回目らしいけど
ちゃんと見れたことないような・・・
だって、前日に急に決まるから
うっかり情報をつかみ損ねてたんだろうなぁ
 
金曜日の堺雅人氏からの紹介で
月曜日の放送だったので、情報もちゃんとチェック。
ちゃんと録画予約して、今日、ようやく見れた♪
 
登場していきなり、

♪ウイスキーは、お好きでしょ
 
と、アカペラで唄ったのは、さすが!
 
この人たち、楽器はもちろん、マイクさえなくても
どこででもライブが成立するのが強みだよなぁ
 
5人揃ってなくても、ひとりやふたり抜けてても
それでもたぶん演れちゃうんだろうな
 
タモリさんとのトークは
何でまた「島」なの?…って思わずにいられない
マニアックなネタ。
 
ま、そもそも、彼らのやってる音楽自体
マニアックと言えなくもない。
 
という事は、それを追っかけてる私もマニアック?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アクエリアスTVCMソング

ユニコーン・サウンドにTVで出会えるのを待ちきれず
アクエリアスのサイトをチェック。

ほんの30秒だけのフレーズを、何度も繰り返し聴いてしまう。
  
  確かめよう 何ができるのか
  見届けよう 何かゆれてる
 
民生の伸びやかな声がいいな~
 
『裸の太陽』というタイトルだったから
もっとアップチューンの熱い曲かなと
勝手にイメージしていたけど
ゆるやかな、ミディアムナンバーなのが
かえって言葉の熱さを伝える気がする。
 
フルコーラスで、静かに燃える太陽を感じたい。
  
いつ頃になるのかな~。
 
まもなく始まるオリンピックを
この曲で、盛り上げていきたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLACK BORDERS ライブツアー@大阪

1/30(土) @シャングリラ

100130

一般発売前のライブ会場で入手できていたので
整理番号がなんと2桁台!
 
シャングリラのフロアの様子も知っていたので
どのポジションを狙っていくか、
チケットを手にして以降、ずーっとそんな事ばっか考えてた。
 
できるだけ、ステージ近くの位置をめざして
ドラムの振動を、直に体感する?
それとも、フロアが一段上がったところの最前で
視界を極力確保して、お姿を目に焼き付ける?
 
会場に入ってみて、即決! 視界優先♪
 
このシャングリラはドリンク・カウンターの位置が独特で
フロアの真ん中にアイランドで設けられている。
そのカウンターを背にして、フロア2段目、最前列!
 
ドリンク調達にも申し分ない、ベストポジション!
 
早速、ビールを飲みながら、あちこち眺めてると、カメラ発見!
サイドに、後方にと、何台かセッティングされてる。
もしや、次のアルバムにDVDとして付いてくるとか・・・?
なぁーんて、予想、妄想・・・

続きを読む "BLACK BORDERS ライブツアー@大阪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »