« 九州上陸 | トップページ | 柳川・北原白秋記念館 »

BLACK BORDERS アコースティックナイト@福岡

2/12(金) @DRUM SON 

100212

噂に聞く‘アコースティックライブ’は
当初のスケジュールでは関西や行けそうな地域では無く
あきらめつつ、でも行きたくってしょうがなかったので
追加が出ると知って、飛びついてしまった九州は博多。
 
ライブハウスに入ると、パイプ椅子がずらーっと並んでいて
入場順に、好きなとこ確保してく、というスタイル。
たぶん、ざっと見た椅子の数と整理番号で見ると
半分より少し前かな、といったとこだったと思うけど、
幸いにも、川西っさんサイドの前から4列目をキープ。
しかも前に座る人の間から見える視界が
スネアとハイハットが丸見えなナイスポジション!
 
ビールも調達してきて、準備万端。
 
いつものライブと同じSEで登場した二人は
いつもの黒のシャツにネクタイ、サングラスの川西っさん
ではなく
G1950コラボ・ボーダーTシャツのイエローを着用。
なんか、爽やか~
 
なんだけど、手には
川西っさんはスーパードライと火の付いてるタバコ
野田くんは缶酎ハイみたいなのを持ってる。
 

川西さん曰く、『ロックンロール座談会』は
「みんなも飲み物持ってる? 乾杯~!」 と
ライブというか飲み会?
 
「お客さんも、途中でドリンク取りに行ったり、トイレ行ったり、
 自由にしてていいから」と
ステージ上のふたりも、いつも以上に自由な雰囲気で
呑みながら、川西っさんはタバコも吸いながら
とりあえず、しゃべってる。
 
途中、川西っさんがフロアの後ろ、入口の方を見ていて
その視線がフロアの奥に動いてて
何かと思ったら、遅れて入ってきたお客さんを見ていた様子。
で、席に着いたその人に
「まだ、1曲も演ってませんから。(よかったですね!)」
その時点で30分くらい経過してたんじゃないかなぁ…
 
広島で、1曲目までに45分経過していて新記録だったらしく
さすがにコレを更新しちゃぁマズイだろう、と。
それでも40分は経ってたような。
 
野田くんはアコギ、音のバランス上、シールドはつながってる。
ドラムは‘素’のまま、マイクは川西っさんの‘しゃべり用’のみ。
いつものスティックではなく、ブラシっていうのかな?
細い竹ヒゴを束ねたようなので叩いている。
 
ドラムの音、それ自体もいつもと違ってるし、
スピーカーじゃなく、太鼓そのものから聞こえてくるのも
当たり前ながら、すごく新鮮。
川西っさんの叩くパワーに、ブラシの先の細い1本が
時々折れて飛んでいくのが見える。
普段以上に、叩き方とか力加減が、分かり易いというか
川西っさんの肩や腕の動きからもよく見えて、感激。
 
惚れ惚れするわぁ。。。
 
 
私語、というか飲み会トークは、ホント、可笑しかった。
 
飲んで酔っても、記憶が無い事はない、という川西っさん。
でも、飲み会の後、何を話してたのかを覚えてないのは
たいした話、してないからだよ。・・・という。
確かに、そういうこと、あるかも。
 
なにせ、飲み会トークなので、果たしてレポできるのか?
 
ま、思い出せる範囲で・・・
 
広島での打ち上げで、セドロと合流した話。 
お好み焼きにソバやイカ天(お菓子やおつまみとかの)を
広島では入れるのを
「ソバ入り、肉玉、イカ天!」とオーダーするらしい。
それがEBIくん
「ソバ入り、肉玉、エビ天!」のビックリ・オーダー
お店の人も、周りも、最初、気が付かなくて、
しばらくしてから
「えっ!エビ天て?!」 どんだけ、エビ好きなんや!


福岡の市街地にやってきた時に、野田くんが
「帰ってきたったい!」って叫んでたよね、と川西っさん。
 
地元感のある野田くんは、街の風景が変わったとか
やはり懐かしさがあるようで、
中学時代の恋愛話を、思い出したように
話したくてしょうがないといった様子で
しゃべりだしたら止まらない。
 
「初めてお酒飲んだのはいつ? 高校くらいでしょ?」と
川西っさんがネタを振っての話。(だったと思う)

やはり中学時代の野田くん、
当時付き合ってたコとグループデートで‘よかトピア’に行って…
‘よかトピア’とは、当時、開催されていた博覧会らしいのだけど
ちなみに、その頃に初めて行ったライブがユニコーンで
野田くんにとって、激動の時期だったらしく
そこで何かのスイッチが入ってしまったらしい野田くん、
‘よかトピア’を連発し始める。
面白がってる川西っさん 「さて、何回言ったでしょう?」
野田くん 「僕‘よかトピア・チルドレン’ですから!」には爆笑!
…で、‘よかチル’に略され、ミスチルを唄いだす始末。(笑)
結局、その後、そのコに振られて
男友達と初めて酒を飲んだ、と。
 
よかった、話がつながった!と、みんなホッとしたと思うな。

途中、お客さんから「コレ飲んで!」と
ワインのボトルがプレゼント。
ステージにプラ・カップ(さすがにワイングラスはムリ?)が
用意されたけど、オープナーが無く断念。
 
「じゃぁ、部屋で飲むときに開けよう!」と言う川西っさんに
色めき立つ(?)野田くん。
 
部屋呑みはヤバイ! 終わりがないから。と
見ていたTV番組が終わったら飲むのをやめよう、と
ある時、決めて飲んでいた野田くん。
でも、番組が終わりそうになってくると
飲むペースを速めてしまって、結局、すごく飲んでしまった、と。
「‘飲み物ラストオーダーです’って言われて
 ‘焼酎水割り5杯!’とか言っちゃうみたいな?」
と川西っさん。
うん、なんか、分かる。
 
時々飲まない日を作って、肝臓を休めているという、野田くんに
川西っさんは?と聞かれて、去年は呑んでない日は2日?
ライブあれば打ち上げに行くし、
レコーディングでもその日の打ち上げするし、ってことらしい。
今年に入っても、PUFFYちゃんのレコでやっぱり飲んでて、
でも、バンドメンバーというより、スタッフと行くらしいけど。
 
そこでの話の流れだったか、
Ucのメンバーと今年会ったのは新年会だけらしい。
やっぱ、まだ無いのかな、今年のユニコーン。
みんな、それぞれの活動が忙しそうだしなぁ…

そんなこんなの、居酒屋BORDERS。
 
セットリストは決めていないようで、
何する?って言って、譜面台を見ながら進めてく。
最初の曲は、それまでにずい分時間を経過していたので
野田くん
「じゃあ、皆さんお待ちかねの…『キミトデカケタ』!」
川西っさんの焦った感じが面白かったなぁ~

どこかのライブで『ロック幸せ』演ったらしいし、
ありえなくもない。 …なんて。
あ、振られただけで、演ってません。
 
コレと、アレと、って曲を決めた後の川西っさん、
頭ン中で、シミュレーションしてるようなのが、
いかにもライブ(=ナマ)らしい。
 
しゃべりすぎて、時間をとりすぎてしまい
「じゃあ、(アコースティックでは)初めて、2曲続けて!」
笑いとともに拍手!
「いや、(続けて演るのは)普通なんだけど・・・」と川西っさん。
 
確か、8時をとうに過ぎた時点で3曲しか演ってなくて
さすがに焦ってたようだけど…。
‘わかならい人生’っていうタイトルの
高知のライブで演ったらしい新曲(?)も演っていて
それをアレンジ違いで2回やったのを入れて、
無理やり、5曲にカウントしたりして。。。
 
その、アレンジ違い。
川西っさんが
「スカで演ろうか?それか、ハチロク(8分の6拍子)にする?」
と言って、8-6バージョンで演ってみたのが
なんか、イイ感じで、いかにもBBらしいセッション感!
個人的には‘スカ’バージョンも聴いてみたかったなぁ~
 
アコースティックということで、‘音’が変わるためか
アレンジが変わっていたりして、
『プラスティックファング』のイントロのアコギが
意外に渋くってグッときたり
『INVITATION!』のドラムアレンジがカッコ良かったり
音楽って、やっぱ面白いわぁ~ って発見もあり!
 
 
相当、時間が‘押して’いるらしい気配。
そこで、野田くん「スペシャルタイム!」と宣言
曲を立て続けに演るとか・・・? と思いきや
‘お客さんの質問に答えます’コーナー!
コレには川西っさんも突っ伏して笑ってたね~
で、急に「質問ある人!」・・・って振られても、用意してないし!
挙手する人も少なくて、これに野田くん
「とりあえず、手挙げとかなきゃ~
瞬発力が試されてるんだよ!」
んな、無茶な!
 
瞬発力のあった勇敢なお客さんが、川西っさんに指名され
野田くんがマイク持って、そのお客さんの場所まで行くのか
…と思ったら、「マイク、回して~!」って。
川西っさん、ウケまくり。
野田くんに「まず、自己紹介から」って、???
「じゃあ、ペンネームでもいい。‘明太子好き好きっ子’さんとか」
で、結局、‘明太子…さん’の質問。
『明後日のライブはバレンタインデーなので、
バレンタインの思い出を』
腕組みをして、うーーん…と唸ってる川西っさん。
「ないんだよね~」
 
「じゃあ、僕、いいですか?」と、しゃべりたい野田くん、
まだまだ出てくる、中学時代の恋愛話。
なんだか、結構面白い!
 
川西っさんの高校は、女子も入学できるけど、
結果、先生や事務員含めて男ばかりの工業高校で
そんな中で、出会いは通学のバスくらいしか無かったけど
バスの中でもなぜか後ろの方の席に溜まっていて
誰も寄って来ない・・・と。
 
 
迫ってくる時間にうながされ、本編最後の曲
『ロックンロールナイト』
曲が始まるというステージの雰囲気で
マイクに向かってまたフツーに話始めた野田くんの声に
エコーがかかってる。
いや、PAさんが正しい!曲、始まると思ったよね。
仕切りなおして、コール&レスを始めた・・・と思ったら
川西っさんが、
♪ロックンロールナイッ! ちーん!
♪ロックンロールナイッ! ちーん! ・・・って呼び鈴を鳴らし
野田くん、たまらず
「それじゃ唄えません!」と中断。
 
呼び鈴の‘ちーん!’が1回鳴ったら‘ヤバイ、曲しなきゃ’
って合図。
でも、2回続けて鳴したら、
また、しゃべり続けるモードに入っちゃう、と。
 
で、川西っさんとしては、3回目の
‘ロックンロールナイッ♪’に
2回続けて鳴らしてみたかったようで
それには野田くん「ハードル高すぎます!」
 
その後も、また何か、鳴り物を探してる風な川西っさん。
曲をスタートするも、リアクションの無い川西っさん対し
「やらないんですか?」と
また、曲を止めてしまう野田くん。
 
笑いすぎて、何がなにやら・・・
 
その後、アンコールに登場し、2曲。
演る前から、曲名を言っておく、親切さ(?)
 
その後も、お客さんはアンコールの拍手を続けたけど
終演のアナウンス。
 
だって、9時40分くらいだったもん。

‘良くも悪くも記録更新した’らしい今回のライブ。
毎回、何かしら、開眼し、記録更新するのは、たいしたモン(?)
 
今夜の福岡エレキver.ライブは、
どんな記録を打ち立てたことでしょう?
 
次は、京都!

|

« 九州上陸 | トップページ | 柳川・北原白秋記念館 »

ライブレポ」カテゴリの記事

川西幸一」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLACK BORDERS アコースティックナイト@福岡:

« 九州上陸 | トップページ | 柳川・北原白秋記念館 »