« ネイルアート №19 | トップページ | 本田選手×アクエリアス×裸の太陽 »

手島いさむ 『SQUEEZE』

Sn3i0426

テッシー・ソロ。
CDで手にして、聴くのは初めて。
まぁ、いろんな下心があったことは否定しないけど
これは入手して大正解の1枚!
 
ユニコーンでのGリフやソロ・パートで聞く
音のツヤというか、Gサウンドにこだわってるあたりとか
そういうのに加えて、旋律がカッコイイ。
 
ロック、それもどちらかと言うとハードロック寄りなイメージを
勝手に持っていたのだけど
実はブルージィー、といった方が近いのかな?
 
作って演っている側にとっては、そういうカテゴリーって
意識しないものなのだろうけどね。たぶん。
 
おぉ!って、曲に集中してしまったのが、2曲目「storm storm」
何曲か、川西っさんが叩いてる曲があるのを知ってたから
絶対この曲!って分かるのが、嬉しくもあり、
でも考えたら、インストの曲での川西ドラムって、
私の知る中になかったことを、今更ながら気づいたり。
 
ちなみにこの曲、BはEBIくんで、
3人揃ったので、ユニコーンを名乗っていいとか、どうとか?
でも、やはりUcサウンドではないよね。
ひとまずプチコーン、でことで。
 
ボーカル曲が4曲。
アルバム中の曲順が、後半に4曲まとめられていて
ふうーん。なんでかな~? …って、ちょっとだけ気になってたのが
通して聴いてみて、腑に落ちる、というか。
 
ユニコーンでの手島曲『自転車泥棒』は名曲の誉れ高いけど
これに通じるものがある。
メロディーラインの優しさというか、妙に懐かしさがあったり
言葉えらびの、ほっこりする感じ。 
 
そう、ボーカル曲の「二人の休日」は女声のコーラス?
…と思ったら、EBIくんの声のような… 
クレジット見てみて正解♪
 
本当に、お得で美味しい、聴き応えたっぷりなアルバムです!
 
 
【おまけ】

・・・というには、あまりに衝撃的(個人的に)だった
‘嵐丸’という名のクレジット。(「手拍子」ですが)
 
この手拍子のクレジットは、KK50となってるのには
すぐに気付いてニヤついたりしてたのに、
この嵐丸くんの参加には
友のハイテンションなメールと、UST実験放送のチャット発言で、
初めて気付いた私・・・ 自分自身に激しくダメ出しだわ・・・
 
親子で参加♪ 超お得な気分を、ありがとうテッシー!

|

« ネイルアート №19 | トップページ | 本田選手×アクエリアス×裸の太陽 »

Music」カテゴリの記事

川西幸一」カテゴリの記事

ユニコーン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手島いさむ 『SQUEEZE』:

« ネイルアート №19 | トップページ | 本田選手×アクエリアス×裸の太陽 »