« BLACK BORDERS ライブ@札幌 | トップページ | 音楽の力 »

BLACK BORDERS アコースティックナイト@札幌

8/16(月) ラウンドワンアフターパーティー@COLONY

Sn3i0569

昨晩とおなじライブハウスだけど、雰囲気がずい分ちがう。
フロアに折り畳み椅子が並べられているから。

両サイドに2脚づつ。通路を空けてセンターに6脚、かな?
前後も比較的ゆったりめに間隔を取って配置してある。

前日のライブでも満員って訳ではなかったしね。
 
前から5列目のセンター辺りに席を確保。
ビールを調達してきて開演を待つ間にも、
お客さんの中には別の席が良いかも、と移動してく人もいて
私のひとつ前の列、通路横の人が、通路挟んで反対隣に移ったので
その空いた席に私も移動。
ステージには近づいたものの見える景色はビミョーかも・・・?

けどこの移動で、後に、わずかながらも秘かなLuckyが♪

開演待ちのフロアでは、これまでの会場と同じように
「マッハGoGoGo!」のアニメが音声とともにモニターに映されていて
やがて、ステージにスモークが送り込まれ、照明が落とされ・・・

だけど、聞こえてきたのは夏祭りのような ・・・なにこれ?
お囃子と手拍子と甲高い女の子の唄声。 ・・・なにこれ?

お客さんのほとんどが知ってるような雰囲気なんだけど・・・。

で、手拍子打ちながら、笑いながら登場。
なんだかとぼけた空気の中、話し出した2人によると
昨晩の打ち上げで、コロニーのオーナーがしきりに歌っていて
この曲を聞いたら、北海道民は盛り上がるから! と。
だけど音源が無いらしく、オーナーがネットで探し出したんだって。
だから、BBの2人も初めて聞いて、
こんなの? って思いながらステージに出てきたらしい。
 
野田くんは既にお酒入ってできあがっている模様。
右手にプラカップ、左手に白ワインのボトル。

だけど川西っさんは、飲み物持ってなかったんだよね~

なんとな~く、うだうだ~っと始まったのが
「GREAT ADVENTURE」ツアーでのアコースティックナイトとは
ちょっと違ってるような・・・・

とりあえず、な感じでしゃべり続ける2人。
「あとで何曲か演奏しますから」とは川西っさん。
ドラムにマイクがセットされていて、ステージ上は昨夜のまま?
 
この後のスペシャルな出来事のおかげで、
ただでさえ怪しい私の脳力は、しっちゃかめっちゃかなので、
思い出すまま、順不同で書き込んでいきますね。
(NANCY嬢のツィートにも助けてもらいつつ・・・)
 
「鉄の女じゃない!」とのツィート(by NANCY嬢)は
滅多におごってくれないのに食事に連れてってくれたという
野田くんの話。「財布の口が溶接されてる」とも。
その食事に行った店で、ゴキブリに出会ってしまって・・・と。
たしか岡山ライブの時にさんざん喋ってたアレね。

そういえば、この2人、虫談義、好きよね~。
川西っさんの「昆虫は宇宙人」説とか。
今回も川西っさんの小ネタ。
ハチが、人の黒い頭を狙うのは、蜂蜜を狙う熊を攻撃するため。
でも自分は大丈夫!と川西っさん。金髪だもんね~。
「野田くんはところどころ狙われる(笑)」
 
前のアコースティックライブでは、最初にみんなで乾杯したんです。
でも今回は川西っさん、飲み物も持ってなかった。
ってのはさっきも書きました。

その訳が、ようやく分かったんです!

なんと、おふたりから振る舞い酒~!!! 
ステージ上ではワインのコルクをそれぞれが抜いて
後方からは原川マネがお客さんみんなにプラカップを配ってく。

2人もフロアに降りてきて、先に野田くん、後から川西っさんと
ちゃんとおふたりともが、赤ワインを注いでくれるんですよ!
だだし「お神酒程度だからね!」と野田くん。
いえいえ、それでも十分です。みんなに行き渡らないとね。
あ、アルコールがダメな人用にジュースも用意されていて
川西っさんは両手にワインとジュース持って注いで回ってました。
前後の椅子の間をぬって、ひとりひとりに2人からお酌。
膝が触れるところまでやって来てくれるんだもん。もうドキドキ。

通路横の席だった私。
通路では、サイド奥や後ろの席にお酌するため、
しばし留まってく位置。
その、つかの間、超間近に川西っさんの御姿を、光る汗を
ばっちり目に焼き付けました。

「お神酒程度」って言ってたけど、思った以上に注いでいただいて
そのせいか、途中で赤ワインのボトルが空になり
白も開けたのだけど、後で聞いたら、野田くんが赤を注いで
その後、川西っさんから白で、ムリヤリ‘ロゼ’な人もいたそうで。

そして、全員で乾杯! 美味しくない訳がない。

いや、実際、本当に美味しいワインだったんです。
個人的には、赤ワインはどっしりりたタイプのものが好みだけど
いただいたワインはとてもフルーティーな香りの
ちゃんとブドウの味がする爽やかなワインでした。
是非とも、銘柄を知りたいものです。

どなたか、ご存知でしたら、教えて下さいませ~っ!
 
やっぱり、川西っさん、乾杯まで飲むのを待っていたんですね。
この後、白ワインを自分で注ぎつつ、いいペースで飲んでました。
 
話の中で、‘S’か‘M’か?って話題になり、
これが意外に(?)真面目に興味深いというか・・・

川西っさんが‘ボーカルつぶし’と言われてた、って話。
ボーカルはメロディーと声と歌詞(言葉)があるから
その脇や後ろで演ってる他の楽器より表現として断然強くって
なのに奥の方で叩いてるドラムに迫力負けするようじゃダメだと。
お互いに全力で演って高め合うのが、面白いんだと。
こういう部分は、‘S’

いつでもドラムを全力で叩いていたいのだけど
曲によってはパワーを抑える必要もあって
ある意味、曲に縛られるのも面白いのは、‘M’でもあると。
 
野田くんはと言うと、コール&レスを‘強要’する時は‘S’で
‘S’と‘M’と両方持ってるもんなんじゃないか、と。

「でも、民生はドS!」と川西っさん、ちゃんとオチを・・・
  
そうそう、演奏の方!
『IT'S ONLY R&R』から始まって、割とたて続けに3曲ほど。
曲順とかは全く決めていないようで、2人して曲リストを眺め

「昨日の曲順で演ってこっか?
 でも(アコースティックだと)合わない曲もあるよねぇ。
 まぁだったら途中で止めたらいいか。」と川西っさん。
でもどの曲もカッコ良かったし
当然ながら途中で止めることはなかったもん。
 
川西っさんから「『STONE』演りたい。シャッフルで演ってみよう」
元々大好きな曲なんだけど、これがまた、無茶苦茶カッコイイ!
演奏終わって、川西っさんも「コレ、いいねぇ~」とご満悦な感じ。
 
野田くんが演ってみたいと言ったのは『won't be long』
昨夜のライブでも登場した、ちっこいタンバリンを持ち出し

「タンバリンやりたいひと~」
何人かの手が挙がり、ついでに私も。冗談と思ってましたし。
調子にのった野田くん「ギターやりたいひとー」
コレにはさすがに無反応だったのが
「コード譜あったら弾ける人、いるんじゃない?」
との川西っさんの一言に、再募集!
すると後方から「は~い!」と男性の声。
ついでに改めてタンバリンも再募集され
その彼の隣にいた女子が選ばれた!

ちなみにその彼女、前日、友達つながりで仲良くなった子で
後で、Gの彼にも話を聞いたら、
自分達の後ろにGの上手いヤツがいたので
そいつが行くだろうと、早まってしまったらしいのですが。
 
すごく盛り上がって楽しそうだったんですが、
やはり相当緊張したようですね。
だって、川西っさんのドラムでG弾くんですもんね~。
 
BBのおふたりも、本当に楽しそう~♪
 
そんな中、今度は川西っさんが
「『High-Side』叩ける人いないかなかぁ」
で、野田くん「じゃあ、ドラム叩けるひとーっ」
また後方から「は~い!」と男性の声。
ええ、期待していましたよ、竜巻さん。
 
ステージに上がり、ドラムセットに躊躇なくスタンバイ!
カッコイイじゃないですかぁ・・・!
でも、いざ曲が始まろうとすると
「High-Sideってどんなんでしたっけ?」
やはり、緊張されていたんですね~

川西っさんはハンドマイクでステージ中央、最前へ。
けど、もう片手に黒い台紙(=カンペ)を持っていて
フロアの一番前にいた人に「持っててくれる?」

曲の途中、歌詞が出てこず、
おもむろにかがんでカンペ覗き込んだりするのもご愛嬌。
 
だって、まさかハンドマイクで振り付き『High-Side』聴けるなんて!
ちなみに、演奏終わって川西っさん、
ハンドマイクで歌うことに、緊張したんだそうです。
 
ドラム叩き終えて、フロアに戻ってく竜巻さんも楽しそうで
お客さんたちとハイタッチされていて
それを見てたステージの2人、
「なんか、モテてるねぇ~」と羨ましそうでしたよ。
 
それにしても『won't be long』も、『High-Side』も、
まさにミラクルなセッションで、
とっても素敵な空気でいっぱいだったし
「音楽って楽しいよね~」って言った川西っさんの笑顔が
本当に嬉しそう。
 
今後もこの展開はでてくるかもの予感です。
「練習しておいてね」と、川西っさんが言ってましたが
野田くん曰く
「ダンスでも、コーラスでもいいし、絵を描いてもいい!」
川西っさんも面白がって
「手品とかも? 曲に合わせて鳩出したり?」
 
そういえば、最後のアンコールに呼ばれて、2人出てきた時
挨拶に何か話しはじめようとした野田くんが
飲みすぎたせいか口元を押さえ‘GっP’を堪えようとしたのか
それを見てた川西っさん、「金魚出てくんの?」
 
隙あらば、何かしら芸やっていいらしいような
(そういえば、昨夜の“ボーッ♪”by川西っさんwithボトルもそう?)
これから先、どんなライブ・パフォーマンスが飛び出すのやら
まさに油断も隙もなさそうですよ!
 

|

« BLACK BORDERS ライブ@札幌 | トップページ | 音楽の力 »

ライブレポ」カテゴリの記事

川西幸一」カテゴリの記事

コメント

初コメです♪
登場時の曲、もしかして「こども盆踊り」かなぁ?たしか北海道だけで踊られてるんですよ。今度、北海道の友に確認してみなくては!

投稿: megmeg | 2010年8月20日 (金) 00:39

わぁ、megさん!コメントありがとうございます

あの曲、北海ナントカ…って言ってたような気が。
(定かではないですが…)
みんな踊れるんですってね。

それにしても北海道って素敵ですね~
本当に北海道が大好きになりました

投稿: yuri | 2010年8月20日 (金) 01:04

楽器何も出来ないー。こういう流れになったらできるひと羨ましいのぅ。やいのやいの担当ならすぐ手を挙げますわよ!

アコースティック、各地でやりたいと野田くんブログに書いてあったから、楽しみにしとこう♪

投稿: えーいちゃん | 2010年8月20日 (金) 08:00

私、ダンス&コーラスやりたいかも~
川西ドラムに乗って踊って、野田くんの声にハモる、って
あぁ、なんて贅沢(…怪しい妄想中)


アコースティックも病みつきになっちゃう。
期待しててもいいよね~

投稿: yuri | 2010年8月20日 (金) 12:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLACK BORDERS アコースティックナイト@札幌:

« BLACK BORDERS ライブ@札幌 | トップページ | 音楽の力 »