« 野田タロウ バースディライブ2010 | トップページ | H-EXPO extra »

BLACK BORDERS Round2@広島

11/27(土) @広島Cave Be

Sn3i0784

おととい以来の広島。
でも土曜なので休日モードでのお出掛けで
新幹線を降りた構内での、思いがけないHappyなアクシデントに
猛烈にテンションを上げまくってしまった。
 
その後、お好み焼きの店で昼間っからビア・ジョッキで乾杯し
2杯目をオーダーしたら‘社長’がネギ焼きをごちそうしてくれたり
一旦お客さんがはけて私達ふたりぼっちだったお店が
また急ににぎわいだして、‘女神様’と持ち上げてもらったり。。。
 
おかげで、ごきげんさんの満腹のおなか抱えて
広島の街をぶらぶらした後、Cave-Beの前まで来たけど
人が少なかったのは、近くにある公園で集合だったのね。
公園から数百メートル先の会場まで、
スタッフに先導されて行列になって街並みを歩くのって、
なんか面白い。
 
この番号ですもん、
迷わず川西サイドに場所を確保した2列目。

『INVITATION』から始まって、
『SHAKE SHAKE SHAKE』『DAY DREAM』と続く1ブロック目が
もう、大好きすぎて、あっと言う間に汗だくになっちゃう。
(確か、4曲演ってるんですけど、あと1曲・・・何だっけ?)
 
CDで聴いた時に印象的だった『DAY DREAM』のリムショットが
ライブでは爆音の中で埋もれてしまいがちたったのが
今回はバッチリ耳に届いてきて
しかも叩く腕の動きまでもしっかり目に見えるもんだから
それはもう!!!
この、リムショットで叩く時に
少し前かがみになる、その肩の線とかも素敵なんですよね~♪
 
ツアーの日程上、4泊5日の広島滞在となった野田くん。
お好み焼きを毎晩食べ、飲んでいたそうで、ゴキゲンな様子。
川西っさんはというと、一旦、東京に戻るスケジュールだったので
「ええのぉ~!」と何度も言ってましたっけ。
たぶん、マジで。
 
ついつい飲んでしまって・・・のくだりだったか、
いや、もっと後のトークだったっけか
野田くんの名言。

「自制心という名の鳩が胸の扉から飛んでいった」 

胸に両手をふせて置いて、
扉が開くように手のひらを開くジェスチャーつき!!
 
これには川西っさん、大爆笑で、
むちゃくちゃ気に入ってしまったご様子でブログにも書いてましたね。
野田くんを真似して、川西っさんも、手のひらで胸の扉を開いて、
飛んで行く鳩も手をパタパタとさせて表現し、大笑い。

トークで噛んじゃう野田くんに、
「カツゼツの鳩も飛んで行っちゃったの?」と、また大笑い。

「ほろっポー」と鳴き真似をする野田くんに
川西っさん、また大ウケで、
後の演奏での‘合いの手’にも「ぽっぽー」が多用されてましたっけ。
 
ちなみに、飛んで行った‘自制心という名の鳩’は
野田くんが眠っている間に帰ってくるんだそうで。。。
 
広島ということで、
カープの応援グッズの赤いメガホン(細い形の)が2本
一番フロアに近いシンバル用のマイクスタンドの足元に
なにげにスタンドの足の一部のように立て掛けてあり
野田くんのマイクにも赤いリストバンドがセットしてあったんです。
 
後半のMCで、今、気づいたかのようにメガホンを持った野田くん
「やってみたいことがある」と2本のうちの1本を川西っさんに渡し
「次、山本浩二ですよ~!」と小芝居を始めたのは
たぶん、川西っさんと2人、カープ観戦で盛り上がって
メガホンでホームランを喜び合うシーンを演じたかったのでは?

なのに川西っさん「かっとばせー、のーだ!」のコールを始め
スタンドにいるつもりだった野田くんはバッターボックスに。
フロアのみんなの声援と、川西っさんの太鼓の効果音で
一発かっ飛ばした野田くんに大声援!!
「いやぁ~!気持ちよかったぁ~!」と野田くん。
最初のシチュエーションはすっかり忘れちゃったでしょ。
 
この後、この細手のメガホン2本を手にした川西っさん
「意外と硬い」とか言って、頭にコツンとしてみたりして
メガホンをスティック代わりに叩き始めたのです!
メガホン・ドラムで演ったのは
『ロングバケーション』と『won't be long』の2曲(たぶん)
いやぁ、さすが川西っさん、
細長い固めの棒状のものでさえあれば
なんででも叩けちゃうのね~

さらに『won't be long』は曲のエンディングが決まって
終わったかと思ったら、また叩き始めて
乗せられた野田くん、踊ってましたよね、
メガホン持って踊ってたような気がするんですけど。。。
で、結局、この曲、もっかいフルで演奏したような気が。。。
気のせいでしょうか?
 
そうそう、この2曲、
高知ライブの時にMCで外してしまったシンバルを
戻し忘れたまま演奏しちゃったんですけど、
今回も、シンバルひとつないまま、しかもメガホンスティックという
ある意味、スペシャルバージョンだった訳ですよね。
 
スペシャルと言えば!
『ロックンロールナイト』のコール&レスでのダイブで
まぁ、ダイブ自体はすでに恒例な感じではあるんですが
受け止めてるお客さんのテンションが凄かったのか
「たすけてぇ~!」と叫んだ野田くんの声には
スミマセン、笑っちゃいました!

この後、フロアの後ろの物販のテーブルに乗り
川西っさんと正面に向き合う位置に立った野田くん、
川西っさんに向かってコール&レスを要求しようとしたら
逆に別の提案をされてしまったのですが、
というのが、‘ロックンロールナイト’を交互に言おうと、
‘ロッ(←野田)クン(←川西)ロール(←野田)ナイト(←川西)’
てな感じなんですが、伝わります?

何度かの失敗(あ、いや練習?)の後、バッチリ決まって
大拍手~!
 
いやぁ、まいど、まいど、いろんな事やってくれますよ!
 

今ツアーで、個人的に一番の見どころになってる『宇宙』
演奏は当然のことながら、ステージ全体の空気が凄いんです。
ライティングに凝ってるのは前にも書いたかと思いますが
ここ広島では、モノクロのトーンで始まったんです。
モノクロって、たいてい、白が強すぎて、しらけるというか
現実的な蛍光灯のような白さになってしまうことがよくあるのに
ボーダーズらしいモノトーンだったように感じられて
とても印象的でした。
 
耳から入る音だけじゃなく、身体で受け止める振動や
目に映るもの、肌で感じる熱っぽい空気、すべてのものが
心を奪っていくんですよね。
 
そしてまた、次のライブへ。。。

|

« 野田タロウ バースディライブ2010 | トップページ | H-EXPO extra »

ライブレポ」カテゴリの記事

川西幸一」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLACK BORDERS Round2@広島:

« 野田タロウ バースディライブ2010 | トップページ | H-EXPO extra »