« 兎に角ガンバル! | トップページ | ハモリ倶楽部の逸品たち »

ハモリ倶楽部 響 @大阪・岸和田

1/11(火) @岸和田市立浪切ホール

Sn3i0907

なんと言っても、この座席位置ですよ!
3列目!しかもセンターブロック♪
 
毎回、ゴスマニア(ファンクラブ)で手に入れるチケットなんだけど
そうそういいシートがやってくるとは限らず
それどころか当選さえできない時もあるので
もう大当たりなわけですよ~♪
 
思えば、一度、前から4列目だったことがあって
もう、何年前になるんだろう
あちこちのサイトを手掛かりに記憶をさかのぼってみたら
2005年のG10ツアーの和歌山公演(紀南文化会館)だったので
なんと6年ぶり。
ゴス友と「5年に1度な感じよね~」なんて話してたんだけど
それ以上ぶりだったのね。

いざ席に着いてみて、ステージの近さにビックリしつつ
舞台上のあちこちを観察。
ホントに近い。そして、やっぱりドキドキ。

ゴスペラーズは、ツアーのどの会場も基本的に同じメニューで
長いツアーで季節の移り変わりに合わせて
セットリストを多少変えてくる事がある程度なので
先月、グランキューブで一度見ているので、まだ余裕があるかも。
 
でなければ、この至近距離、落ち着いて観れなかったに違いない。

ステージの始まりが5人そろっての登場ではない、と
分かっているだけで、まだ落ち着いていられるってもんです。
 
まずは真里さんが現れ
芝居モードの空気の中で酒井さんが姿を見せて
その表情も、息遣いまでもがリアルにわかるってことに
まだ舞台上は静かなんだけど、ひとり熱くなってしまったかも。
 
5人が揃って、グランドピアノを囲んで歌い始めた時には
鳥肌がたちました。
 
この距離だからこそ、なのは
衣装のディテールまで見えること。
真っ赤のシャツに黒のスーツ、としか分からなかったのが
5人それぞれ、少し変えてあるのですね。
リーダーは、ジャケットの丈が長めだったり
ヤスの胸には華やかなコサージュが着いていたり
黒ポンはベストを着て、ジャケットはベルベットのような生地だし
ポケットのデザインとか、ブローチのデザインも違うんですよ。
 
基本、5人揃いのスーツではありつつもこだわりがあって
その辺は黒ポンプロデュースならではなのでしょうか?
 
5人がステージ上を動く度、目で追いかけるのだけど
目の前に来たときの近さときたら!!!
 
‘目が合う度’が一番高いのは、やっぱり陽ちゃんですかね。
さすが、目ヂカラの男ですよ!
黒ポンとも時々合うけど、あんまりこちらを見ていない感じ。
ヤスは遠くを見てるような視線で、あまり目が合わないかも。
酒井さんとは、まず目が合いません。
お客さんの目を見ないようにしてるのか?と思うくらい
見ていない気がするんですよね。
あ、リーダーはグラサンなので不明ですが
お客さんの顔、見てると思います。絶対見てる。
ただ、なにぶん、小さなお目メなので
目が合ったとして、私に分かるかしら?
 
この季節ならではの曲
『A HAPPY NEW YEAR 』(ユーミンのカバー曲)は
ちょっとグッときましたね。ありがたいというか。
芝居の中で、開店前の様子を演じる中で歌った曲で
酒井店長、曰く、「今月のパワープレイ曲にしよう!」

急遽、演ることになったのか、終演後にロビーに貼り出される
セットリストには、書かれていなかったんですよね。
お得なプレゼントだったってことかしら?
 
私の好きな曲の、1位の座にいる『東京スヰート』は
やっぱりその座は変わりそうにないです。
曲の終盤の、リーダーのファルセットは素敵すぎだし
甘さと熱さが、ライブの度ごとに増しているようです。
リーダーの立ち位置がまさに目の前だったので
ずーっと私の視線は釘付けでした。
 
アカペラの曲を、ステージの中央にメンバーが集まって歌う時の
息遣いとか、間合いを取り合う様子とか
互いにアイコンタクト交わしあっていたりとか
これこそがゴスペラーズらしく、引き込まれてしまうのかも。
 
ライブの一番最後の曲はいつも
バンドメンバーもステージを去った後に5人だけのアカペラの曲。

『Armonia』

マイクを離しがちに持って、大切に発声しているようにも見えて
スピーカーを通さない生の声が聞こえてくるようで
5人のその真ん中に、私の気持ちも集中して
耳を研ぎ澄ますように聴いてました。
 
今回のツアーはアルバムを引っさげて…というものではなく
というのも昨年はアルバムを出していなかったからなのだけど
今年はアルバムでるそうですよ!
もう半分くらい録り終えてるそうで、
その中の新曲『Shall we dance』も披露されてましたし。
とか言いながら「‘Love NoteⅢ’だったりして・・・」なんて
笑って話してるのも余裕っぷりが表れてるようでもあり
とにかく、楽しみです♪

Sn3i0906

どのライブからでしょう?
セトリが貼り出されるようになったのは。

なにげにCDセールス作戦の一環だったりするのは
間違いないでしょうが
記念というか思い出に、皆さん写真を撮ろうと殺到するので
いつもは遠目に眺めて帰ってしまうところを
今回は何とか撮れそうな感じだったので頑張ってみました。
 
ショットを収めることができたら、やっぱり嬉しいものですね♪

|

« 兎に角ガンバル! | トップページ | ハモリ倶楽部の逸品たち »

ライブレポ」カテゴリの記事

ゴスペラーズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハモリ倶楽部 響 @大阪・岸和田:

« 兎に角ガンバル! | トップページ | ハモリ倶楽部の逸品たち »