« ユニコーン 『Z』 | トップページ | @大阪 中央公会堂 »

BLACK BORDERS ワンマンライブ@赤坂

5/22(日) @赤坂BLITZ

Sn3i1184

チケットの画像をUPしてみて思った(思い出した)んだけど
‘ワンマンライブ 2011 ~R.S.B~’の‘R.S.B’って何?
 
今年のはじめ、ツアーとしては昨年からのファイナルだった
新木場Studio Coastの会場でチケット発売が始まって
その時にも「何だろ~?」って思いつつ
もろもろの出来事にすっかり忘れてたんです。
 
今シーズン、もう1本やった博多でのワンマンのタイトルには
‘~F.D.S~’ってついていて
これはライブ会場の「Fukuoka Drum Son」の頭文字だって
気づいたのだけど、だとしても‘R.S.B’って?

なーんか消化不良な感覚が残っちゃってるまんま。
誰か、教えてくださいませんか?
 
それはさておき。
当日は予報通りの雨&風。さすが嵐を呼ぶ男、川西幸一。
なんて、感心してる場合ではなく
開場前に始まってた物販はお客さんもスタッフも大変そう。
 
なんとか雨をしのいで会場に入るとロビーにお花が♪
WOWOWと、PUFFYと・・・。
ユニコーンさんからは来てませんでしたが、まぁ本人ですしね。

フロアに入ってみるとステージ両サイドに花道とミニステージがあり
上手のミニステージのそばに空いてるスペースをみつけてキープ。
コーストやAXの時のステージ配置と似てはいるものの
ドラムセッティングがある訳でもなく、というか何もない。
あるのは照明機材のみ。
 
メインのステージにはメッシュ地(?)の幕が掛かっていて
透けてドラムセットやマイクスタンドが見えてる。
スクリーンのようにBBロゴが大きく映され
舞台背後の幕にもロゴが透過して写し出されてる。
やっぱ、このBBロゴ、カッコいいよな~♪
ロゴデザインのグッズ、出せばいいのに・・・なんて話しつつ
フロアを見渡すと、男性の姿がいつもより多いかも?
 
いつものSEが鳴り出して
2人が登場したのと、フロアの人がどどーっと前に押し寄せたのと
BBロゴが映ってた幕が落ちたのと
どういう順序で起きたことだったのか、もはや記憶は曖昧です。
 
『SEARCH&DESTROY』で始まった(たぶん)のは
博多と同じようなセトリだったのではないかと思うけど
そもそも、ちゃんと覚えていないので、いつでも新鮮な訳でして。
 
ブリッツのステージは、規模(キャパ)的にはコーストやAXと比べ
どうなんでしょう?
ミニステージが用意されてはいたけど、舞台上はとてもシンプル
・・・というか、いつも通りにドラムセットとマイクスタンドとアンプ
そして川西っさんと野田くんの2人だけで
大型ビジョンも無ければ、ミニステージも含めて特別な仕掛けもなく
2人だけ、ドラムとギターだけというスタイルが
改めて際立つライブだった気がするな~
 
そんなブリッツ。
野田くんは演るのは初めてで、
観に来たのは『筋肉少女帯』と『スカンチ』だったそうで
川西っさんは?と聞かれて「オレ、演ったことある?」と
野田くんに問い返す不思議問答。
さすがに野田くんもそこまで知り尽くしてはいないようで
「knotlampのライブで来て、楽屋にも行ったから
 それでやった事がある気がするのかなぁ・・・」
と、記憶をさかのぼれど判明せず。

「じゃあ、ブリッツは初めてってことで
 川西さん、チェリーボーイですね!」と
嬉しそうにしゃべってるのは野田くん。
もちろん、僕も!とそちら方面に話が流れたのは
1ブロックが終わったところのトーク。
「最初のMCでいきなりそんな話!?」と
川西っさんの失笑を買ってましたが。
 
そういえば、話はそれますが、
コーストでのライブDVDの初回プレスに封入されてるIDカード。
ロゴver.、ノダver.、カワニシver.、BB ver.の4種ある中で
私が購入したものにはお目当ての川西っさんver.(当たり!)で
「免許の種別」が「シモネタ:0」(=無)なんですよね~。
ちなみに野田くんのを引き当てた(?)相方に見せてもらったら
「シモネタ:1」(=有)で‘0’なのはライトハンドでした。
なかなかに凝ったIDカードですが
ロゴver.、BB ver.はどんなのだったんでしょ?
 
話を戻します。
新曲はイントロ部分のドラムパターンのせいか
印象が変わったように感じましたね。

新曲の1曲目を演ってる間
川西っさんはずーっと野田くんの方を見ていて
それがとっても楽しそうないい笑顔で
もしかすると、ドラムに関してはまだお試し中なの?と思ったり。
ライブ中に進化してく、まさにその現場だったのかも。
 
ハンドクラップのお願いが入る『ロングバケーション』
今回はその練習を川西っさんにやってもらおうと
野田くんが取り出したのはタンバリン!それも黄色い星型☆
それを手にする川西っさんを見れるだけで
川西マニア的にはオイシイ♪

タンバリン持たされたものの、無茶振りだったようで
要領を得ず、‘どうすんの?’的な空気だった川西っさんに
「じゃあ、別の曲でやりましょう!」って野田くんってば!
練習なのに、なんで別の曲?
川西っさんも大ウケでドラムから離れて大笑いしてたっけ。

で、鳴り始めたタンバリンはハイテンポで
叩きながら、時々叩くと見せかけ手を輪に通すなんていう
ありがちな小技も挟み込みつつ遊んでますよ、川西っさん。
いつもとは違うテンポ&バージョンの『ロングバケーション』も
即興には慣れっこな2人にしてみたら別アレンジってこと?
とにかく面白かった~!
 
違ったバージョンといえば
『ロックンロールナイト』のコール&レス!
ワイヤレスマイク持った野田くんがミニステージを行き来するのは
まぁ、いつも通り。
両サイド、センターとひと通りやった後、川西っさんにも、と
ここまでは見たことある場面。
ところが今回はドラムの川西っさんの横に回りこみ
キックを乗っ取って川西っさんを立たせてしまったのですよ。
センターに送り出されてしまった川西っさん
野田くんがキックで打つリズムに合わせて
でも半分のリズムで

「ロッケンロー!ロッケンロー!」

なんだか、格闘技のショーの一場面のように感じたのって
私だけでしょか?
川西っさんらしくもあり、フツーでは終わらせないのがBBですよね。
 
今年はPUFFYとユニコーンのツアーがあるため
BB的にはちょっと薄めの活動になっており
次のライブやリリースが決まってそうな
告知はまだだけどうっかり言っちゃったような
ビミョーな話しっぷりだったのは本編中のMC。

アンコールで出てきたときに
「日にちが決まってました」と発表したのは12月の東京ライブ。
半年以上も先のことなの~!

そんな話から、しばらく川西っさんに会えなくて
淋しい野田くん曰く
「川西さんの家の前で、待ってていいですか?」

それで思い出したらしい川西っさん。
以前、家の前にファンの子達が待ってたことがあって
でもエンジン音させて帰ってきたと思ったら
パァーって一斉にいなくなってしまって
あれは一体何なんだ?と。

その話も面白かったけど
エンジン音を‘ぶるるる~ン!’と口びる震わせて鳴らした音が
どんな車、あるいはバイク乗ってんだ!?と思ってしまった私
おかしいですかね。
 
ライブ後に早速発売開始となった12月のライブ@東京は
さすがに先すぎて飛び付きはしませんでしたが
帰りにもらったフライヤーの束の中にツアースケジュールが
なにげに挟み込まれていたのにはヤラレましたね。
作戦といえば作戦でしょうが。。。
 
夏になる前から、秋冬のツアー日程みて嬉しくてニヤケちゃうの
私だけじゃないよね。

本当に今年は川西っさん三昧だぁ~♪

(あれ?またライブのこと、私語のオモシロ話ばっかだわ。。。)

|

« ユニコーン 『Z』 | トップページ | @大阪 中央公会堂 »

ライブレポ」カテゴリの記事

川西幸一」カテゴリの記事

コメント

R.S.B
まさかとは思うけど

RED   赤
SLOPE 坂
BLITZ ブリッツ…?

投稿: ぼん@うに | 2011年5月30日 (月) 20:40

わぁ!そうかも~
そうであってほしいな~♪
なんかスッキリした気分ですよ

コメント、ありがとうございます。
今後ともヨロシクです。

投稿: yuri | 2011年5月30日 (月) 22:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLACK BORDERS ワンマンライブ@赤坂:

« ユニコーン 『Z』 | トップページ | @大阪 中央公会堂 »