« BLACK BORDERS Night! | トップページ | PUFFY TOUR 2011@兵庫 »

COMIN' KOBE '11

5/4(水・祝) @KOBE PORT ISLAND

Sn3i1136

Sn3i1138

昨年、川西っさんの念願が叶って、初出演となったという
フリーライブイベントです。
思えば、個人的な話なのですが昨年のCOMIN'KOBEを皮切り(?)に
ミラクルな出来事に遭遇し、否応無しにハマってしまうこととなった
記念のライブでもあります。
 
今年も出てくれたら嬉しいな~ ・・・と思っていたら
PUFFYのツアー・スケジュールが出たので
無いものとあきらめていたんです。

ところが、やはり常人ではない川西幸一氏。

ダブルヘッダーで登場するという凄さときたら!
いくらPUFFYライブが同じ兵庫県内とはいえ
ポートアイランドからPUFFYライブの会場、たつの市は
決して近いとは言えないし
そもそもライブ2本てことが凄すぎ。

あ、でも他の夏フェスとか、Rock inとかでも演ってましたっけ。
いやいや、違う違う。そもそも普通じゃない。おかしい。

だけど、私たちはとっても嬉しくって
たぶんダブルヘッダーなお仲間は少なくないはず。
 
な訳で、10:55~のステージです。

昨年、リストバンドの交換までの行列がとても長くて
そこで時間をとられてしまったという経験もあり
今年はライブに間に合わないなんてことが無いように
相当早く出掛けたんです。
おかげで無事に間に合ったのだけど
昨年以上の人気っぷりの人の多さにはちょっと焦る程でした。
 
リストバンドを手に入れ、開場待ちの列に並びつつ
明るい日差しの下でみるBLACK BORDERSって
初めてだよな~とワクワク♪
体育館裏の壁面を利用した大きなステージで
客席となる広場の端には飲食のテントが並んでいたりする
野外フェスの会場のような場所です。
 
行列に並ぶ人達が、どこのステージを目指すのか分からないけど
とにかくゲートが空いて、私たちは一直線。
最前列、柵のところの上手端の方をキープ。
ただ普段BLACK BORDERSを見るライブハウスのステージより
ずっと広い舞台なのでどの辺りにドラムセットがくるのか・・・?
 
ダンスチームのパフォーマンスの後
セッティングされてみると、ドラムセットの端っこ
ハイハットのペダルがちょうど目のまん前。
この角度って、初めてだわ!とワクワクしていたら
確認に現れた川西っさん、マイクに向かうと真正面の至近距離!
ヤバイ!嬉しい!ドキドキする!
 
いつも通りにSEが流れて登場して始まったステージ。
なにしろお昼間の明るさでよく見えて嬉しいけど恥ずかしい(?)
いつもなら途中で外すグラサンもずっと掛けたままでしたが
それでもう十分です。
グラサン・オフの川西っさんなんてムリ!照れるぅ~!(爆)
 
午前中のライブなんて、やっぱり珍しいですよね~。
川西っさん、目覚めてからまだ3時間しかたってないって
まだ、リハみたいな感じなんでしょうか?
野田くんも前乗りかと思いきや、4時半に起きて(しまって?)
朝、東京から来たんだそうで、一緒じゃなかったのね。
 
会場を見渡して「なんか、新鮮!」って言ってた野田くん。
太陽の下で見る野田くんも新鮮ですよ~
 
とにかく日差しの下なので、あちこちがよく見えるのが面白くて
川西っさんの手元、足元、表情はもちろんのこと
ドラムセットまで観察しまくりです。
スネアのスタンドに‘ジェット機’のステッカーが貼ってあったのを
見つけた時は、ちょっとだけテンション上がりました。
 
そう、どの曲の時だったか
スティックが左手からポロっと離れて落ちてしまったんです。
右手と足だけのリズムで何事もないように曲は続き
左手とは反対のタム側にあるスティックケースに手を伸ばして
まるでへっちゃらな様子でしたね。
 
そう言えば、話は飛びますが、先日のPUFFY広島ライブでも
演奏の途中でスティックが折れたのか
破片が飛んでいくのが見えていて、そのまま少しだけ叩いたあと
後ろに放り投げて新しいスティックに持ち替えてましたっけ。
曲の途中に、です。

演奏中にスネアを取り替えた事もありましたよ。

何が起きたって演奏を止めることってない気がします。凄い!

予定通りの20分(には時間余ってませんでした?)
「GREAT ADVENTURE」
「TEENAGE RIOT」
「High-Side」
「R&R FOREVER」
の4曲。・・・でしたよね?
20分のライブのセトリすら確信が持てない私って。。。(泣)
 
最前列にいたので会場全体の様子は分からなかったのですが
どんな感じだったんでしょう。
ハコの中で響くのとは違って、どこまでも音が拡がってって
その音を耳にしたBBを知らない人の動きがどうだったのか
知りたいような気がします。
けど、絶対ムリですよね。私にそんな余裕が無い!(苦笑)
 
演奏を終えて、いつもなら何も持たず去っていくのに
スネアの辺りに置いてあったらしいチューニング・キーを
手に取ったところ見て、あら珍しい~・・・と思ってたら
スネアをスタンドごと右手で持ち上げて
ブランデーグラスを手に持つような感じ(?)
そのまま持って去って行かれました。
タオルやスティックケースは置いたまんまです。
もう、そのままPUFFY会場に持ってくスタンバイの為でしょうね。
ご本人も面白がってるようでしたし
なかなかレアな面白いシーンでしたよ。
 
ステージ脇のテントで汗拭いたりしてる姿が見えていたんですが
それも束の間、川西っさんは「じゃあね!」と野田くんに声を掛け
(そう言ってる口が見えた気がしたんです!)
‘ケツカッチン’の川西っさんの姿は見えなくなりました。
 
次に同じ場所に現れたのは、初めて見る「レトロ本舗」
前列にVo.とホーン2本とKey、後列にB、Dr、Gという7人編成で
このステージの広さにちょうどいい感じですよね。
見た目、まだ若いバンドかと思いきや、結成して10年なんだそうで
演奏や、それに乗せられ踊ってるオーディエンス達をみてると
なるほど!な面白さで、端っこのほうで座って腹ごしらえしていた私も
さっさと食べ終え、立ち上がって身体揺らしてましたから!
 
この後は、黄砂の影響か、単にBBで声張り上げすぎたか
とにかくノドの調子がヤバイ気がして
ワールド記念ホールに向かうことに。
 
途中、アーティストグッズの販売ブースに立ち寄ってみたら
残念ながらBBコーナーは無かったのだけど
「花団」ブースでは初めてみたライブの時のように
メンバー自ら物販してました。
で、しきりに呼び込みの声を張り上げてて、やっぱり面白そうなので
「見たかったのに、BBとかぶったから見れなかった!」なんて
ちょっとおしゃべり。見れなくて本当に残念だったんですよ。
「走ったら間に合ったよ!」と切り返されたけど
ごめんね、それは無い。順番逆だったら行ってたのにね、絶対。
Vo塚原氏が手に持っていたスーパーの袋(?)から
‘うまい棒’取り出して、ビールを手にしてる私達に
「おつまみ、あげる」とくれました。
さらにB秋田氏には「ビール、3杯目でもっかい来てCD買って!」と
私達のビールのプラカップに1杯目の‘1’を書かれてしまいました。
なぁーんか、おもろいなぁ、やつらは。。。次の機会を待ちましょう!
 
ホールに到着して、今回ばかりは後の予定も控えているため
アリーナの両端にあるステージを右に左にと眺められる
スタンド席に座って楽しむことに。
人の動きもよく見えて、腕が一斉に挙がって揺れてたり
何人もの人が人の上に乗って転がってたり
走り回りだす渦が見えたり・・・
いやぁ~、面白いもの見させてもらいましたよ。
 
その中でも「EGG BRAIN」
初めて見たんですが、カッコよかったぁ~!
オーディエンスのテンションが尋常じゃないので
フロアで見るのはキビシイかもですが
スタンド席だったのでじっくり楽しめましたね。
 
「イナズマ戦隊」までが、時間的に精一杯でした。
「黒猫チェルシー」や「怒髪天」や、他にも見たいバンドはあれど
ここは、やむを得ません。
先にスケジュールが入った順番ですからね。
 
ちなみに川西っさんは、宮根さんのステージをイチオシで
会場に残れない事を残念がっていましたが。。。
 
BLACK BORDERS、来年も出てくれるかな?
松原さん、プッシュ宜しくです!
けど、BB出なくても来るかもなぁ~

|

« BLACK BORDERS Night! | トップページ | PUFFY TOUR 2011@兵庫 »

ライブレポ」カテゴリの記事

川西幸一」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COMIN' KOBE '11:

« BLACK BORDERS Night! | トップページ | PUFFY TOUR 2011@兵庫 »