« 思い出し笑い | トップページ | 見放題2011 -その2- »

見放題2011 -その1-

7/9(土) @大阪ミナミ・アメリカ村界隈

Sn3i1283

ウルフルケイスケが出演!との情報で知ったイベント「見放題」

毎年、秋に開催されているミナミWHEELのマイナー版…と言っては
もしかしたら失礼な表現なのかもしれないけれど
アメリカ村の複数のライブハウスを使ったサーキットのイベントで
日数やライブハウス数(=出演バンド数)や主催・協賛の規模とか
そういった意味でのメジャー感では異なるということであって
イベントとしては全く引けを取らない。
エリア規模が小さい分、移動や待機のロスがあまりなく
出演バンドのビッグネームの差は、結果として全く感じなかった。

少なくとも、私が見ることのできたどのバンドも
ハコの空気がとても良く、ハズレなし!といった感じで
全体としての充実度というか濃厚さは
ミナホの上をいくんじゃないかと。
 
お目当ての登場はタイムテーブルの中盤以降なんだけど
せっかくなのでと1時すぎにはアメ村に到着。
リストバンドを受け取って外に出たら真夏のような日差しで
とにかく涼しさを求めて、なぁーんも考えず最寄のハコヘ。

DROPの扉を開けると勢いのいいドラミング・・・
と思ったら、和太鼓がいっぱい。
「kogakusyu翔」というバンドで‘kogakusyu’は鼓楽衆?
ステージ上は太鼓だらけというのが、たぶん見た目通りの表現。
前列3人は和太鼓…といっていいのかな?
大きさや形が異なるものをそれぞれにセッティングしていて
後列、中央に普通のドラムセットのドラムと左右にBとKey。
ドラム好き、リズム好きの私のテンションが上がらない訳がない。
メンバーがとっても楽しそうに叩いてるのが好印象で大当たり!
 
カルマセーキを観ていたBIG CATで相方と合流し
相方が面白いと絶賛する「ザ・たこさん」を観にAtlantiQsへ。

早めに到着して地下に降りる階段で
ザ・たこさんのVo.ご本人との遭遇にビックリ!
たぶん私の目、まん丸だったはず。だってあまりのインパクト!

スタンバイ中のステージの前の方にゆとりがあったので
せっかくだし…と、前へ、前へ。
そう、「せっかくだし、前へ・・・」はこの日のテーマになり
おいしい出来事が待ってる訳で。。。
 
で、「ザ・たこさん」
真っ赤なお衣装の、先程遭遇したVo.は
見た目通りの超インパクト・パフォーマンス!
その凄さ(と面白さ)に負けないバンドも凄い。むっちゃ上手い!
ソウル&ファンク系がベースというかルーツのようで
ソウルマナーっていうのかな?ショーの基本はおさえつつ
ブッとんだアクションと圧倒的な演奏力にヤラレたな~。
ライブの終盤、ハイテンションなVo.の視線にロックオンされた私、
楽しくって大口開けて爆笑していた顔で固まっちゃった(笑)
 

続いて、CLAPPERへ。
ターゲット(?)はフジタユウスケ。
「せっかくだし、前へ・・・」のテーマに従い、なんと最前列。
ユウスケくんの正面で、セッティングしてる様子からかぶりつき。

去年のミナホで見たときよりも
PUFFYバンドのメンバーとしてのユウスケくんよりも
男っぽさが増していてカッコよかったな~

とある曲の途中
煽るようにG弾いて前に出てきたユウスケくんを
最前列にいた私達も煽るように腕を振りあげ盛り上がってて
戻ろうとしたユウスケくんのギターのヘッド(たぶん)に
私の指先、引っかけちゃったみたいでビックリ!
ちょっと引っ掛かったくらいでそう痛くもなかったし
演奏もちゃんと続いていたのだけど
ユウスケくんが申し訳なさそうにONマイクで
「大丈夫?ごめんね。」と言ってくれて
嬉しいやら、恥ずかしいやら、申し訳ないやら。。。
 
ライブの時間はあっという間。
 
終わってしまっても名残惜しくて
お片付けしてるところまでついつい眺めちゃったりして。
モニターに貼ってあった紙をピッとはがそうとして破いちゃったのを
破れたし要らないかも…と「ちょうだい!」とばかりに手を伸ばしたら
ニッコリ笑って(渡していいものか確認しつつ)くれたの~♪

私と相方の頂き物なり。

Sn3i1280

Sn3i1308

・・・つづく・・・

|

« 思い出し笑い | トップページ | 見放題2011 -その2- »

ライブレポ」カテゴリの記事

フジタユウスケ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見放題2011 -その1-:

« 思い出し笑い | トップページ | 見放題2011 -その2- »